プラモのことなら
日記のようなもの

BACK
□仕事のメモや、身近に起こったことなど、不定期かつ無秩序に記しておくページです。
□気になることがあってもツッコまないでください(^^;
□固有名詞はおおむね仮名です。
BY / oriental

Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]
テスト機完成
□ 2002/03/25(Mon) 05:16:55

もう夜明けだが、未明に98SE、2K、XPと三台のテスト機が完成した。執筆テスト用の土台となるマシンなので、どれもシンプルな構成。オンボードグラフィックが付いていないXPマシン以外は、815のグラフィックを使っている。
こうして、3つのOSをいっぺんにインストールすると、XPが良くできていると実感する。いろいろと異論もあるだろうが、やはりコンシュマ向けという観点から見るとXPはいいOSだと思う。ただ、各種インフォメーションは、素早く消えて欲しい。ツアーの案内やパスポートへのお誘いは、マウスが上に乗ったときだけ出ればいいのであって、あれほど頻繁に出なくても…と思う。
で、麹町出版の仕事は、これが事実上のスタート地点。本当は土日にレジメを書かなければならなかったのだが、テスト機に追われてできなかった。月曜中にはあげなければ。

ところで、気になるのが荒木町出版のほうで使う作例機。
Pentium4マシンにする、ケースは星野のA350、というところまでは決まっていて、ケースは用意できているのだが、他の部品構成が決まらない。Pentium4で、i845のDDRで、RAIDは付いてなくて、USB2.0はオンボード、にしたいと思う。
これに該当するマザーボードはASUSの一機種のみである。が、けっこう前に出た(845Bstepの初代機)もので、今日的だろろうか…。
さらにHDDが未定。光学ディスクドライブも未定。
CPUについても、予算内で何GHzのNorthwoodが買えるのか?5月には533MHzベースのが出るというウワサだし、それに合わせて400ペースは値下げもあるとのこと。この週末にはフライングで2.4GHzが発売されたというし…。

なにぶん、自腹なのでお財布と相談ということになるだろう。CPUだけは、ギリギリまで購入を待つことにしている。
マシン作り
□ 2002/03/24(Sun) 18:02:05

昨日は、麹町出版の新単行本執筆に使うテスト用マシンの作成に入った。
といっても、新規にパソコンを作るのではなく、現行のテスト用マシンを執筆内容に合わせてリファインし、新たにOSをインストールするのである。
取り敢えず、PentiumIIIの1GHz機をWindows2000に
AthlonXPの1600+機をWindowsXPに
Celeronの800MHz機をWindows98SEに
する。
Celeron機は、東ラジの岡田屋さんのところから帰ってきたマザーボードで組むのである。
元々、PentiumIII機はRAIDが組んであったので、これをバラし、
HDD1台をCeleron800機に譲ることにする。手持ちに星野のJAZZ LVがあるので、基本構成部分での新規購入部品はない。

それぞれにのマシンに、外部機器取り付け用のインタフェースを増設しなければならない。取り敢えずUSB2.0とIEEE1394を増設するが、これでPCIを2スロ取られてしまうのはどうか?
コンボカードを導入すべきだろうか?

まにあうか?
□ 2002/03/22(Fri) 20:35:09

今日は、メールで麹町出版のT編集と打合せを行なった。
しかし、スケジュールがすさまじいことになっている。
この企画内容で、このスケジュールは可能なのだろうか?
仮にスケジュール通りに原稿が上がったとして、編集作業が間に合うのだろうか。原稿内容より編集のほうにウエイトがかかる内容だけに心配である。

執筆者としてはいくつか問題が…。
まず、OSごとのマシンの用意。これは毎度のことなのでどうにかなる。が、その前にHDDの初期化と基本インタフェースを揃えなければならない。これもパソコン3台分だけに、一仕事である。
さらに、メーカー各社より借り出す機材の保管場所である。
数年前に同様の企画をやったときには、機材の保管に10畳の部屋がひとつ潰れた。そのときは自宅でスペースがあったが、今回は仕事場(アパート)で、その余裕はない。しかも前回は機材の送り返しのために、アシスタントをひとり手配してもらったのだが、今回はそれもない…。機材は時間差をもって手配してもらわないとキツイだろう。
前途多難である。

この日記をつけはじめて、初めて雨らしい雨。やっとお天気画像にお日様以外のものが付いた。
きのう-鎌倉
□ 2002/03/22(Fri) 20:20:08

20日の東ラジ宴会で紹興酒をそれなりに呑んだので、少しダルいのだが、例年より早い開花を逃してはなるまい!と花見に出かけた。酒飲み宴会ではなく、花見散歩を決め込み、鎌倉まで遠征である。

鎌倉まで来てみると、意外と咲いていない。鶴岡八幡は2分咲きというところである。しかし、休日ということもあって人手はすごい。お参りするのはそれほど難しくはなかったが、小町通りは人でごったがえしており、お気に入りの店にも入れないという状態であった。

小町通りには、お気に入りの雲水料理屋がある。雲水料理はつまり精進料理なのだが、これが手が込んでいて旨いのだ。鎌倉に行くたびに食事はここに決めているし、鎌倉に行くという人には必ず勧めている。しかし、行列こそないが(いつも行列はできない。ちょっと入りにくい趣なのだ)中は満席である。お腹は減っていたが、先に長谷に回ることにして江の電に乗る。
なんでも江の電は100周年ということで、かっこいい風体の車両が使われていた。が、それは混んでいるのでボロい車両に乗る。ボロいほうが江の電らしくてよい。

で、長谷を回って、再び鎌倉に。やっと雲水料理にありつけた。春の精進料理はよい。菜の花やつくしといった春野菜は鮮やかな緑色で、春を満喫できる。空腹だったこともあり、コースがペロっと腹に納まってしまった。

まだ、時間もあるな。ということで、いい気になって若宮大路を海に向かって歩く。それなりの距離があるが、「すぐ海だよ」のオイラの言葉に騙されて同居人Mも素直についてきた。
しかし、この日は強風。海が見えたと思った瞬間から砂粒が飛んできて目も開けられない状態になってしまった。それでも、波打ち際まで強行突破。ハイヒールで海岸を引き釣り回されたMは砂まみれになって怒っていた。何せポケットや耳の中まで砂が入る状態。耳をほじって砂をかき出しながら駅方面に向かった。

帰るまえにお茶でも飲もうと、鎌倉駅前の蒲鉾屋の二階へ入る。ここは蒲鉾屋の喫茶部なので、お茶受けも「二色たまご」である。食事メニューも豊富で、本業だけに「おでん定食」は旨そうであった。

市川から鎌倉まで快速で75分。グリーン車に乗れば疲労もなく散歩にはちょうどよいロケーションである。
今回は鎌倉にも長谷にも人力がいっぱいいて客引きをしている。今度来る時は人力で名所めぐりをしようと誓うのであった。
おととい-川口
□ 2002/03/22(Fri) 19:58:07

一昨日、20日は東京ラジコンクラブのメンバー、通称ホセが故郷に帰るってしまうということで、送別会に出席した。
場所は川口の「三華楼」。ここは、オイラがラジマガのバイト時代にお世話になった「悦っちゃん」のウチである。

で、ホセはわざわざ故郷から名物「カツオ」を取り寄せ、タタキでメンバーに振る舞った。なかなか美味であった。ホセはぎこちなく挨拶をし、乾杯。ひとしきりホセをネタに盛り上がったが、それも途中までである。

宴たけなわのときに登場したのが、やはり東ラジメンバーの「バズーカ」一家。1月に生まれたばかりの長男「ストレート」のお披露目で、主役はすっかりそっちになってしまった。ストレートはおとなしく、整った顔だちで、物おじせず可愛い赤ちゃんである。東ラジメンバーには子持ちが多いので、皆代わる代わる抱っこしては可愛い可愛いを連発していた。果ては「この子をくれ」と言い出すメンバーが複数発生。盛り上がりきったところで、終電時間を考慮してお開きとなった。

東ラジの宴会帰りはいつもそうだが、総武線の終電間際はラッシュだ。
この日はいつに増して猛ラッシュ。結局本八幡までギューギューのまま帰ってきた。

早い花見は…
□ 2002/03/19(Tue) 23:01:58

今日は、麹町出版のS編集、T編集と本八幡で打合せだった。
仕事の話の合間に、桜の話しになった。
今年は開花が早いため、今週末には満開だろう。麹町出版は会社の花見はないが、会社や部署で花見があるところは大変だろう。
なにせ、場所取り要員の新人社員が、まだ各部署に配属になっていない。だれが場所取りに行くのか…。
去年の新人が異例の2年連続任務となるのが妥当だろうが、肝心の去年の新人が、すでに実務上欠かすことのできない戦力になっていたら、どうするか?役付きにでも行かせるか?と盛り上がった。実際、それなりの勤続年数のある人が花見の場所取りに行かされるようだったら、事実上のリストラ宣告なのではないだろうか。

ところで、その花見の話しの際、千鳥ヶ淵のフェアモントホテルの話しになった。花見の時期に賑わうホテル。こじんまりしていて、高級感があって、なかなかよいムードのホテルだったが、今年の1月27日で閉館になったとのこと。残念。
アシモフが…
□ 2002/03/19(Tue) 02:01:38

アイザック・アシモフの死因が心臓手術時の輸血によるエイズ感染だったと読売新聞のサイトに載っていた。
はやり、輸血からの感染は怖い。

95年頃、自分も手術を受けたことがあるが、そのときの主治医も、「輸血は危ないからやめましょうね」と言っていたのを思い出した。治療のための輸血で感染(エイズに限らず、肝炎とかも)するのはやりきれない思いであろう…。

今日の仕事は、荒木町出版の原稿。
それから月刊Tの原稿チェック。これはレイアウトの都合で文字数が少なくなったために、急遽チェックの必要が発生したもの。入稿寸前(というより校了もすぐだ)だけに編集氏も焦っている様子だった。
それから単行本増刷に伴う、ほんの少しの加筆。これは読者の成功率を挙げるのに効果を発揮するはずだ。

カラスは2.4GHzが好き?
□ 2002/03/17(Sun) 19:26:28

昨日はなにもない日だった。

今日も別になにも起こらない。仕事は荒木町出版の原稿をチョボチョボと進めている。

話は変わって…
ウチの近所の電柱にスピードネットのアンテナが立っている。
これは、電柱のテッペンに逆L型の金属アングルを立てて、そこから下向きにヘリカルアンテナがぶら下がっているのだ。
で、そのアングルにいつもカラスが止まっている。
ウチのあたりは住宅街なので、カラス、スズメ、ドバト、ヤマバト、ヒヨドリ、オナガ、ウグイス、ホトトギス等がワンサカといる。夕方になるとコウモリも飛ぶ。(イナカじゃないです。東京隣接市ですよ。川を渡れば江戸川区)
他の電柱には、あまりカラスをみないのだが、このアングルが気に入っているのか、無線インターネットの2.4GHz電波に惹かれるのか、よく止まっているのである。それも一羽ではなく、2羽、3羽と。アンテナの真横に止まっているわけではないが、カラスの胴体に電波が吸収されてレートが下がらないものかと、余計な心配をする今日この頃である。
ピクミン
□ 2002/03/16(Sat) 05:14:04

また、こんな時間になってしまった。別段急ぎの仕事はなかったが、生活習慣だからしかたないか…。

15日は、「T」ダーリンの誕生日。彼は、M絵ちゃんの旦那さんなので、「ダーリン」と呼ばれる。
日付が変わる前にダーリンの誕生日プレゼントと、M絵ちゃんへのホワイトデーのお返しを届けに、同居人Mと出かけた。
なじみのバーで、ほんの一杯だけ呑んで彼らの家に行く。
そこでM絵ちゃんのピクミン初挑戦を見学。オイラはゲームにうとい。ピクミンの実プレーも初めてみた。CMの印象より、はるかにやることの多い、結構忙しいゲームであった。やり始めたら、普通は夢中になることだろう。しかし、多分オイラはダメだ。
オイラは、中学生のころ、近所のゲーセンに通いつめた経験があるが、それ以来なぜかゲームとは縁がない。コンシュマーゲーム機は「PCエンジン CDロムロム」を買って以降、PS、N64を買ったが、どれも長続きしない。しかもN64に至り、マリオカートのプレイ中に、3D画面に酔って吐き気をもよおしたので、ゲーム機は友人たちに譲ってしまった。
後にPS2を買うが、マトモにプレー→クリアしたのは「ケロケロキング」だけ。今は単なるDVDプレイヤーと化している。

なんか、ゲームに夢中になっていると空虚な気持になってくるのだ。「こんなことしてていいのか?」と自戒してストレスが溜まったりする。「ゲームしてるぐらいなら、ニュース番組みたり、ドラマみたり、映画みたほうが、自分の役に立つのではないか?」と思ったりする。気が弱いのかもしれない…。

確定申告は14日に済んだようだ。税理士まかせなので、自分は申告後の書類を見るだけだ。とにかく判ることは、13年度は、12年度より、「売り上げ減」「経費増」ということ。還付金(モノ書きは源泉だ)が増えて、地方税が減ることは間違いない。
終わった…
□ 2002/03/14(Thu) 23:51:28

やっと月刊Tの原稿が終わった。A編集は本当にハラハラしたことだろう。ごめんなさい。
今日は、そのA編集の仕事で、ダイナミックDNSサービスの実験に明け暮れた。以前にも、このネタで単行本を書こうと思っていて、基礎実験はやってあったので、今回はすんなり成功。ダミーのhtmlを使って自宅サーバーを構築した。ちなみにサーバーソフトは「ANHTTPD」。これ気に入っているんです。使い方が分かりやすいし、CGIも動くしね。
せっかく作った自宅サーバーだけど、自分のサイトして運用するつもりはない。ウチのブロードバンド回線はCATVで上り1Mbpsあるけど、やはり一晩中パソコンを起動させておくのがつらい。寝るときはパソコン全部止めないと寝づらいのである。

夕食を食べているとき、荒木町出版のS編集からFAXでレイアウトの見本が送られてきた。以前自分が別の出版社のために書いた原稿がダミーで入っているのだが、なんかゲラのようだ。このままアカ入れして返せば、すぐに本になりそうな雰囲気。「そんなことしたら某社から内容証明が送られてきますよ(泣)」とはS編集の弁。そりゃそうだ。ちゃんと書き直さねば。

気がつけばホワイトデーだったのですね。今日は全く外出しなかったので、対応できなかった。関係各所にゴメン。

Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]


表示件数:
(現在415件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club