プラモのことなら
日記のようなもの

BACK
□仕事のメモや、身近に起こったことなど、不定期かつ無秩序に記しておくページです。
□気になることがあってもツッコまないでください(^^;
□固有名詞はおおむね仮名です。
BY / oriental

Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]
とってもセンシティブ
□ 2002/05/15(Wed) 03:30:17

月刊Tの原稿に追われて、睡眠不足が続いていたのだが、今日どうにかメインの原稿が入った。

作業終盤、データ資料を編集部に渡すため、CD-Rの焼きに入った。そこで、他人に迷惑をかけたわけではないのだが、またポカをやってしまったのだった。
計8枚のCD-Rを焼いて、最後の一枚が焼き上がったとき、そのディスクを取り出そうとして手を伸ばしたら、どういう具合か自分がヨロけてしまった。あっと思う間もなく、ディスクを取ろうと延ばした手は、CD-Rドライブのトレーを下方向に激しくド突いてしまったのだ。「バギッ、ガリガリ」的な音がした。トレーは折れてはしまわなかったが、ディスクを乗せたまま、ドライブ内に帰ってしまったのだった。

ヤバ!ディスクが取り出せるだろうか?

〆切をそれなりにオーバーしているので、ドライブより焼き上がったディスクを早く回収したい思いのほうが強いのである。

取り敢えず、イジェクトボタンを押すと、ディスクを乗せたトレーが出てきた。
ふぅ、よかった。
と思い、ディスクを取り出そうと手を延ばしディスクに触れると、突然トレーはドライブ内に帰っていく。
なんだ、トレーが逃げる!
何度、やっても、指の先がディスクに触れたとたんトレーは引っ込むのである。
ためしに、ディスクではなく、トレーの端っこに触れてみると、やはり指が触れた瞬間にトレーが引っ込んでいく。
どうやら、ド突いた衝撃でトレーのセンサーがズレたようだ。ほんのちょっと指が触れただけで、トレーが引っ込む「超センシティブ仕様」となってしまったのである。

冷静にドライブを心配する場合、トレーを開けた状態でドライブの通電を切って、ディスクを回収するなりの方法があるだろうが、何せ〆切は過ぎており、早くディスクが欲しいオイラは、イジェクトボタンを押してトレーが出るなり、それを右手でムンずと掴み、バリバリバリと破滅の音を出し続けるトレーから左手でディスクを回収したのだった。

現在ドライブは、見た目正常だが、やはり超センシティブ仕様のまま。ディスクを入れるときは、多分ディスクを乗せた瞬間にトレーが引っ込むのだろう。ディスクを回収するには、また破滅の音を聞かなければならない。
この超センシティブ仕様のドライブはリコーのRW9200(コンボ)である。
近々これは引退させて、話題のプレクスターコンポにすることにした。
ついに下駄箱に
□ 2002/05/12(Sun) 04:45:39

月刊Tの仕事で、フラットベッド4台、フィルム3台のスキャナに囲まれている。

ついに、機材の置き場所もなくなって下駄箱の上も機材置き場になってしまった。宅急便屋さんが来たら、さぞビビることだろう。
1日動かしてみた
□ 2002/05/10(Fri) 01:10:34

うーん、麹町出版の本が最終局面になって、妙に忙しくなってきた。月刊Tともスケジュールがバッティング…大丈夫だろうか?

で、昨日の静音化したメールチェックマシンの経過。
今日、午前中から、ここまで約14時間ほど連続稼働。これは、通常のウチでの使い方より、やや連続稼働時間が短いのだが、時折温度測定ソフトに目をやると、だいたい37度。熱い時でも39度だった。これならば、通常業務で支障をきたすことはないだろう。
それよりも、二世代前のIBM HDD(27GB)が意外にウルサイ。
現行のバラクーダATA IVよりウルサイのだ。当時は静かなHDDだと評判だったのだけど、やっぱりHDDの進化は早いのだね。

もぞもぞと作業
□ 2002/05/09(Thu) 01:19:58

で、ウナリ音が出ているメールチェック用マシンである。
このマシン、実はファイルサーバも兼ねているので、我が仕事場では一番稼働時間が長いマシンなのである。
一番稼働時間が長いゆえに、このマシンがウルサイのは非常に腹が立つ。
だから、徹底的に静音化したいのである。

選んだ電源は、東海理研販売(TORICAブランド)の「MPW-250N」というMicroATX用のSFX電源。メールチェック機のケースは、オイラの定番、星野金属工業のA3なので、本来SFXは付かないのだが、この電源ユニットには、SFXのネジ穴位置とATXのネジ穴位置を変換するアダプタ(といってもただの板だけど)が付属しているので、ATXケースに付けられるのである。なんで、この電源にこだわっているかというと、SFXとしては大きめの250Wの容量があってファン音が25dBと非常に静かなのである。
実は、すでに執筆用のメインマシンも、この電源に換えてある。
25dBとなると、ケースに入れてしまうと、ほぼ無音である。

で、CPUクーラについては悩んだ。メールチェックマシンのCPUはK6-2の500MHz。Socket7である。Socket7のクーラ固定ツメは、現行のSocket370と同じなのでブツ自体は豊富にある。しかし静音となると…
そもそも、K6-2の500MHzは、現行のCPUより熱くならない。どんなクーラを選んでも問題はないのである。実際、今まで使っていたクーラもSocket370用の比較的小型のもので、通常使用時のCPU温度は29度である。

結局CPUクーラは買わなかった。静かな8センチファンや、6センチ→8センチのファンアダプタ等を、とくに使い道もないまま購入したのである。

では、どうやってK6-2を冷やすのか…
ちょっと試したいことを思いついた。

以前、ウチのAthlon機を冷やすのに、CPUクーラーをいくつか試している。その際、最も冷えたのがzalmanの「CNPS3100」だった。一時期話題になった扇型のフィンと8センチファンを組みあわせて使うやつである。でも、仕掛けが大げさなので、素直にカノープスのファイヤーバードR7(「R7は未来だ!」なんでもないです…気にしないでください)を採用した。

zalmanの冷えがよいのは、そのフィンの大げさ加減にあるはず、と予想していたオイラは、「K6-2ぐらいならフェザークーラでいけるんじゃ?」と思ったのである。
最近「フェザークーラ」という言い方はしないみたいだが、つまりフィンだけでファンがないクーラーのことである。初代Pentiumのころには、メーカー製パソコンで散見されたが、最近はVIAのファンレスマザーで話題になる程度だ。

で、早速実験。
起動時32度。じっと温度測定ソフトを見ているが温度が上がらない。ならばベンチーマークじゃ。FinalReality(古っ!)を実行。終了時温度45度。
どうにかいけるか?
んで、スーパーπ。いきなり419万桁で実行。ジワジワと温度が上がっていく。
結局15分ほどで60度寸前まで行ったので、そこで強制終了。30分ほど放っておくと39度まで落ちていた。

今日は比較的暑い日ではあるが、夏ではない…。今の段階ならばメールチェック用途では問題なく使用できると思う。真夏だとちと不安だ。
今はケースファンすら着いていない状態。ケース背面のファン取り付け位置からエクステンションを噛ませれば、フィン側面にファンを接近させられる。夏になってどうしようもなくなったら、それを実行すればよいのだ!と無理に自分を納得させて、今日の作業は終わることにした。
いまだ治らず
□ 2002/05/09(Thu) 00:36:10

今日も小ポカをやってしまった…

昨日の午後、メールチェック用に稼働させっぱなしのK6-2 500MHzマシンから妙なウナリ音が出た。数時間後に止まったのだが、明らかにCPUか電源のファンがウナっていたのである。オイラはヘビースモーカーなので「こりゃ、ファンにホコリが溜まったな…」と思い、電源とCPUファンに手を入れようという気になったのである。

今日は、そのために秋葉原に電源ユニットとCPUファン関連のパーツを買いに出たのである。ついでに荒木町出版によってゲラを読んでくることにした。(「ついで」が逆だろ!)
余裕で家を出て、駅のホームに立ったところで、携帯を持ってきていないことに気がついた。これが小ポカの1。

秋葉原で買い物を済ませ、お茶の水まで歩いて出て、快速に乗って四谷に向かう。
車内で、ボーっと考え事をしていた…
「ムネオちゃんがシクったため、ロシアからの密輸ガニが減ったらしい。そのアオリを受けてカニ料理屋が困っているとのことだ。カニの相場が上がってしまったが、この不景気のなかメニューの価格は上げられない。コース料理の内容を工夫してコストを抑えている…ってことは、以前と同じコースを頼んでもカニを堪能できないってことかなぁ…。ああ、新宿の「かに道楽」でカニたべたいなぁ…」
などと考えていたら、見事に四谷で降りそこねて新宿に向かってしまったのである。
そのまま、かに道楽でカニの減り具合を調べるわけにもいかず、すぐに電車を乗り換えて再び四谷を目指した。
結果、10分遅刻であった。これが小ポカの2。

実は今朝、同居人Mが携帯を持たずに会社に行ってしまった。
その報告を受けて、「マヌケ」とあざ笑ったのだが、オイラもやってしまったのである。これは、きっと昨日からの「ポカ病」が伝染しているに違いない。
昨日、今日とオイラに接触した月刊Tの面々と、荒木町出版のS氏にも伝染していないことを祈るばかりである。
大ポカ!
□ 2002/05/07(Tue) 21:43:01

やってしまった。
今日は、湯島で打合せだったのだが、
打合せがあること自体を失念していた。
遅い昼食を取って、のんびりしているところに携帯が鳴り
「今日4時からのお約束だったとおもうのですが…」
と告げられた。
時計を見る→4時37分。
カレンダーを見る→7日湯島と書いてある。
ガビーン!
「いっ一時間で到着します」と告げてアパートを飛び出た。

思えば、15年ほど前にも似たようなことがあった。
当時ラジマガでバイトしていたオイラは、月曜に電話をもらい、土曜日の撮影に招集されていた。
しかし、土曜日は、そのことを失念。自分自身で土曜日に招集がかかっていたことを思い出したのは翌週の水曜日だった。
心臓が飛び出しそうになりながら、遅ればせながら(遅ればせすぎだ)編集部に駆けつけて謝ったことをがある。
それから、仕事の約束ごとにはノイローゼ気味に神経質になっていたのだが、15年もたつとノイローゼも治ってしまうのだろう。

ああ、反省!
ごめんなさい、もうしません。
きっとこういうミスは、今後15年間はないと思います。
再挑戦
□ 2002/05/07(Tue) 01:21:17

各社のお仕事のコマゴマした部分をやらなければならないのだが、月刊Tの仕事でSCSIカードが必要であることに気がつき秋葉原に出た。実は、麹町出版の仕事でADAPTECからSCSIカードを借りているのだが、返却期限の関係があるので自前で買うことにしたのである。現在、ウチの機材ラインナップにはSCSI機器が極端に少なくなっているので、本当は必要ないのだが、いつSCSIがらみの仕事がくるかもしれない(もう来ないよな…)ので、買っておくのである。

で、それは、どうでもいい話。
アキバに出たついでに、「TO THE HERBS」に再挑戦してきたのである。今回は、しっかりめの夕飯として挑んでみた。
シーザースサラダと、牛フィレのソテー、そしてゴルゴンペンネである。
シーザースサラダは、前回も「with チキン」で食しているが、チキンなしでオーダーした今回のほうがアタリかもしれない。パルミジャーノは、ゴルゴン同様濃いめの味で、好感触。レタスもたぶん(ちぢれ具合からみて)ちゃんとロメイン種だと思う。
フィレソテーは、ハーブのペーストソースが、青臭くて苦い風合い、それに大量のケーパーを使ったソースがかかっている。アメリカ産の牛で赤身だけ(フィレだから当たり前か…)なのでそれなりにヘルシーかと思う。ソテー時にローズマリーも使われている。
当然、ハーブ嫌いの人には無理そうな味である。でもこれは、そんなに派手な味付けではない。

で、本命のゴルゴンペンネ。前回の味がシェフのミスでないことを確認したかったのである。手元が滑ってゴルゴンを入れすぎたのではないか…というのは、杞憂であった。前回よりソースの色味は薄くなっており、緑のツブツブが目立つ薄緑クリーム色であったが、味と匂いは強烈にゴルゴン野郎であった。

ちょっと気になったのが、料理を出す順番。サラダ→ソテー→パスタの順に出してきたのである。今回厨房前に座ることができたので、スタッフの動きをいろいろと見ていたのだが、テーブルの料理の状態をマネージャと思われる人物が確認しながら、食べ終わるとすぐに皿を下げている。ふたつの料理が同時にテーブルに並ぶということがないようにしているのだ。つまりコース風のサービスをしている。だから、パスタが最後というのは、意識してのことだと思う。こちらはオーダーの際、パスタ、サラダ、メインの順で読みあげているので、頼んだ順というわけでもなさそう。
もしかして、パスタゆで用の鍋でもメンテしていたのかもしれない…。
この件を確認するためにも、また行かなければならないだろう!

パンに塗るもの…
□ 2002/05/05(Sun) 14:47:30

昨日の夕飯は主食をパンにした。

一昨日の四谷→市ヶ谷散歩の際、四谷の丸正で
「ケイジャン・シーズニング」(マコーミック)を入手しておいたのである。
ソウルフードの必需品であるケイジャンパウダーであるが、
これでパンを食べると旨いのである。

ケイジャンパウダーでパンを食べるというのは、実はM美ちゃんに教わったのである。

あれは数カ月前、平日の昼どきに、人妻M美ちゃんとランチを共にしたときのことである。
馴染みのレストランで、「パンにはバターを?」と問われると、M美ちゃんは「ケイジャンパウダーとオリーブオイルを持ってきて」というのだ。
オリーブオイルにケイジャンパウダーを混ぜ、これをパンに付けて食べる。うむ、確かに旨い。

旨いにもいろいろな種類があると思うが、正直言って、この旨さは「ジャンクフードの旨さ」である。ソウルフードの必需品でジャンクフードの味といういうのも失礼な話かもしれないが、平均的な日本人にとって、ケイジャンパウダーの味は、スナック菓子の味(カラムーチョとか、ドリトスとか)としてインプットされているものではないだろうか。
オリーブオイルの香りと、ケイジャンパウダーの味の馴染みもよく、パンをムシャムシャ食べられるのである。
匂いが気になるときなど、ガーリックトーストの代わりにもなって便利である。

さらに言えば、動物性油脂のバターよりは、ヘルシーなのではないだろうか? 植物油であるマーガリンとはいい勝負だろうか…。グレープシードオイルを使うとよりヘルシーかもしれないが、グレープシードはオリーブオイルより香りが弱いから、面白みには欠けるだろう。

バター、マーガリンに飽きてきた方、一度お試しあれ。
好きな人にはたまらない…
□ 2002/05/03(Fri) 19:42:02

今日は、荒木町出版までゲラを読みに出かけた。

チャッチャと終わる仕事なので、同居人Mを連れていき、
その辺でお茶でも飲んでいろ!と命じ、自分は仕事。
かなりミッチリ仕事をして、Mと合流し、散歩がてら
四谷3丁目から市ヶ谷まで(Mの同意は得ずに)歩くことにした。
小腹が減っていたので、どこかで軽食を…とおもいつつ
結局JR市ヶ谷駅まで来てしまった。
なので、市ヶ谷駅2階の「TO THE HERBS」に入った。
そこで、近年で最も大当たりなメニューに出会ったのだ。
「ゴルゴンゾーラのペンネ」
このところ、ゴルゴンゾーラばっかり食べているような気がするが、好きなんだから気にしない。
で、このゴルゴンゾーラソースの、ゴルゴン度が、尋常ではないのである。ゴルゴンそのまま、というより、ゴルゴンの緑色のところを濃縮してあるのでは?と疑いたくなるほどの濃厚さ。
まず、出てきたときから、ペンネが蟹味噌のような濃緑灰色をしているのである。
一口食べただけで、全身を包み込むゴルゴン臭。
日頃から、ゴルゴンのカビのところだけ食べたい!と願っている
オイラとしては、生き別れの恋人に出会ったような感動を覚えたのであった。

当然のことながら、モノが「ゴルゴンゾーラ」なので、
好きな人には、オイラ同様たまらないメニューである。
しかし、
嫌いな人だったら、そのメニューを食べてる人が隣にいるのもイヤっ!っていうほど強烈なメニューである。

興味のあるかた、是非チャレンジを!

オイラは、通っちゃうかもしんない…
余波が…
□ 2002/05/02(Thu) 02:41:10

荒木町出版の仕事が脱稿した。
次は、各社のゲラと勝負!そして湯島出版の月刊T…である。

このところ、景気のよいウワサを聞かない出版業界だが、
先日も児童書の老舗であるK社が民事再生法…というニュースが流れた。
むむ、若いころ盛んにお世話になった編プロが、このK社と密接にお仕事しているはず…と、思っていたら、やはり余波があったようだ。ひとり詰め腹…

そういえば、先日、ここからひとつお仕事の打診があったのだが、このスケジュールの中どうしようもなく、大先輩ライターの「O」氏にふってしまった。で、その仕事がなんとK社の仕事だったそうだ。本は完成して店頭に並んでいるが、ギャラはまだ…
先輩にエライ仕事をふってしまったみたいである。なにかしらの義理は果たさなければならないだろう…。

で、景気のよくない話が流れるなか、仕事の依頼も舞い込んでくる。
これも若いころからお世話になっていて、近年は不義理をしていた荻窪編プロから、久々にお電話があった。
なんでも、工作の本を企画しているとのこと。
実際に刊行されるまで十数カ月のスパンがあるので、話を聞いてみることにした。以前にも別の教育大手の本で、工作を担当したことがある。今年の後半は久々にノコギリとか持つことになるかもしれない。
Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]


表示件数:
(現在415件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club