プラモのことなら
日記のようなもの

BACK
□仕事のメモや、身近に起こったことなど、不定期かつ無秩序に記しておくページです。
□気になることがあってもツッコまないでください(^^;
□固有名詞はおおむね仮名です。
BY / oriental

Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]
「トロ」だから
□ 2002/06/27(Thu) 01:10:05

昨夜メールが入って、今日は赤坂パブリッシングの打合せ。

午後4時過ぎに赤坂の編集部に着くと、
「えっ、まだ買ってないんですか!早く買ってくれないと、今回の仕事できないですよ」
と、金髪長身のロッカー副編集長に言われた。

ようは、S社(最近はS・E社というのね)の504i携帯を自腹で買えというのだ。
なにせ、筆者であるオイラの手元に端末がないので、ロクな打合せもできず、ネタを固めることができなかった。

「すぐ買いますよ。買って、コッチでネタ出ししてメールします。」
というと、
「今日中にできますか?」
とのこと。
「今日中は無理です」
と返答。
「明日、そんなに遅くならないうちは?」
と金髪、長身。
「それなら大丈夫でしょう」
とオイラ。

そんなこんなで5時過ぎに赤坂を出た。

もくろみとしては、手持ちの210端末を504に機種変し、現行メイン端末の211は維持。
時計を眺めつつ、iモードサイトでドコモショップの営業時間を調べ、僅かばかりの貯蓄口座から、端末代を下ろして、6時過ぎに地元のドコモショップに飛び込んだ。
本当は、地元の携帯ショップで買いたいのだ。そこはけっこう安いのである。すでにのべ4、5台の端末をそこで買っている。
しかし、この時間の機種変では、即渡しはできない。今晩仕事をしたいので、価格の高いドコモショップにしたのである。

で、210は入手してから10カ月たっていると思ったが、これが9カ月しかたっていない。よって割引率が高い。でも、ドコモショップに来てしまって正解だった。9カ月では携帯ショップでは機種変できないからだ。

ドコモショップのオネーチャンが親切で、
「充電器は210のが使えます。卓上充電ホルダを買わなければ、少しは安くなりますよ」
とのこと。
ナイスアイディア!それで行きましょう!
それでも、今回の仕事である6ページの内、2ページ弱のギャラは504代に消えてしまう…。

ところが、メモリーを移植する段になって、210がドコモのメモリ管理装置を受け入れないのである。
そもそも、オイラの210はテスト用機なので、メモリーは移植できなくても問
題はない。
オイラは、いつ仕事で使うかもしれないので、端末は返して欲しいのである。でも、その端末の電番が抜けない…。やっぱ回収かな?と思い
「番号抜けないまま、渡してもらうと、ドコモのほうで困りませんか?」
と尋ねると、
「いや、それは大丈夫なんですけど… この端末をドコモショップに持ち込んで新規の契約や機種変ができません。」
とのこと。そりゃ、データバスを受け付けないのだから、電番移植も無理だわな。バスの物理的な故障のようである。

オネーチャンが、相当粘っていたが、結局、
「この端末を他人にあげたりも、再登録はできません。それでも良かったら、お持ち帰りOKです。」
ということで、どうにか210と504が手元に来たのである。

そんなわけで、黒/青の504i端末をテスト中。
(曰く付きの)503i、210i、211iと同一メーカーを使い続けているオイラから見ると、やっぱり最新機種は正当進化していて、使いやすい。メニュー構造や基本的な使い方は変わらないのだが、CPUが高速になっていて、メニューの切り替えとか、画面反応とかが速くなっているのは、それだけで気持ちいい。予測変換辞書も成長していて、使いやすい。iモードの通信速度が上がっていて、これもよい。
でも、最大のメリットは「トロ」だ(笑)

問題は、筐体サイズだが、それもそのうち慣れるだろう。

ドコモのオネーチャンに尋ねたところ、手持ちの211と504の電番入れ換えは4200円でできるとのこと。(ただし、両機とも、電番を入れ換えた時に機種変扱いになってしまう。縛りが長くなってしまうのだ。)
ちょっと重くなっちゃうけど、こっちをメイン端末にするかもしれない…。

長さイロイロ…波及効果
□ 2002/06/25(Tue) 02:39:12

みえちん号の作成にかかる。
が、CD-R/RWドライブが取り付けられない。

ブックタイプベアボーンなのだが、用意していたCD-R/RWの奥行が長いのだ。実に微妙な長さで、電源ケーブルの固さによって設置が邪魔されたり、CPUファンの端っこにコンマ数ミリ単位で干渉している。
工作力を発揮すれば、どうにかなりそうなのだが、人さまの家に行くものだし、万全の配慮をしたい。

よし、このCD-R/RWは自分で使うとして、奥行の短いCD-R/RWドライブを仕入れに行こう!

やって来ました、おなじみ秋葉原。

事前に、用意してあったCD-R/RWより、某マザーボードメーカーのドライブが6ミリほど短いことは調査済み。しかも、そのドライブは安い。というか、この2週間ほどでCD-R/RWの価格は異常とも言える下落を見せている。1万円以下なんて当たり前で、8000円以下、7000円以下がゴロゴロしているのである。

で、目的のドライブを売ってるところに到着。一応店先で、用意してあったのと同じドライブと、目的のドライブの背くらべをして、確かに短いことを確認する。ウムウム、よいぞ。
さっさと、それをゲットして、自分用の小物部品を買いに別のお店に行った。

その店にもバルクドライブがイロイロとある。
ふと、そのなかのひとつに目をやると…
ガッピーン、CD-ROMドライブと見紛うばかりの短いドライブが!

これ、ほんとにCD-R/RWかいな?
本当にCD-R/RWだった。

何倍速やねん。
32倍速だった。

バッファオーバーラン防止機能ついとるの?
JustLink搭載だった。

おいくら?
用意していたドライブよりも、さっき買ったドライブよりも安かった。

うう、調査不足でした。こんな短い機種があるなんて。
というか、この某大手国内周辺機器メーカーの現行製品(OEM供給しているのは「JustLink」の某大手ドライブメーカー)が、バルクで、こんなに安く流通していたなんて…。
フラフラしながら、そのドライブも買って家路につくのだった。

そんなわけで、CD-R/RWドライブが2台私物になった。
これで、我がテスト機群は、ほとんどがCD-R/RW化したのだ。
もうCD-R/RWがこの値段だとすると、CD-ROMドライブを買う必要はないね。3000円しか違わないもん。どれもライティングソフト付いてるし。

ちなみに、M絵家から旧みえちん号を回収して、HDDを新みえちん号に接続すると、起動した。どうやらHDDに損傷はないようだ。
回収したHDDは10GBのIBM。
思い出した。これ、麹町出版で最初にHDD本を出した時に買ったブツである。紙面になんども登場しているものである。
当時最新型だったのに、こんなに時代遅れHDDになっていたのね…。
新みえちん号には、現在「市場」最速と誉れ高いHDDが付いている。これにデータを移植するのである。
M絵家のパソコンとしては、カッ飛びマシンになることは間違いない。
念願達成
□ 2002/06/23(Sun) 19:17:37

このところサッカー漬けだったが、今日は久々に野球漬け。
今日は、朝からBSでマリナーズの試合を見る。
残念ながら延長サヨナラ負けだった。
終わったら、そのまま阪神戦を見る。
阪神が頑張ってくれないと、面白くないのだ。踏みとどまれ阪神!

見ているうちに、札幌ドームデーゲームの巨人戦が試合開始。
ウチはCATVで「G+」が見られるので試合開始前から中継が始まるのだ。
巨人は今日から清原がスタメン。清原自身はあんまり活躍できなかったが、「清原がスタメン」効果で、他選手が頑張って勝ってくれた。
よかった。

あんまり野球に夢中になっていたので、競馬を買い損ねた。今日の占いではギャンブル運が良かったので、ちょっと残念。

で、巨人戦を見終わったのが、5時半頃。
今日こそは!
と床屋に行く。
で結果は

こうなった。
さっぱりして気持ちよいのである。
ボウズにして新たな発見。ボウズは安い。
日頃から安い床屋に行っているのだが、ボウズは通常の調髪より300円安いのである。以前にスポーツ刈りにしたときは、調髪と同料金だったが、料金表を見たら確かに「大人丸刈り」は安かった。

で、床屋帰りに同居人Mと合流して夕飯の買い物。
「ワタシは、認めませんからね!」
と、なんか機嫌が悪い。
店にも入れず…
□ 2002/06/23(Sun) 00:58:36

今日は、東京ラジコン倶楽部のミーティング。
夜、赤羽に集合することになっている。

だから、やらなければならないことは、それまでに済ませておく必要があったのだ。

同居人Mは、六本木へ所用で出かけた。

オイラは、その隙に床屋に行ったのだ。ボウズ化計画である。
しかし、床屋がメチャ混み。
待合の長椅子から人があふれ、立って待ってる人もいる。自動ドアは開いたが、なかに入れない状態…。
今日は諦めた。

床屋から直接、都内に出てMと合流しようと思っていた。だからヒゲも剃っていないのだ。(当然、昨夜アタマも洗っていない…)
しかたなく、一旦戻ってヒゲを剃ってから出直した。
明日は床屋に行けるだろうか?

で、待ち合わせは日暮里。
なぜ日暮里か。
日暮里で探したいお店があるのだ。
以前から気になっていた佃煮屋さんである。

テレビ番組で見たうろ覚えの地図を思い出しながら歩くと、とても簡単なところにあった。

「中野屋」というお店。ここの「ウナギの佃煮」が欲しかったのである。これは俳優、中尾彬氏のお勧めだそうだ。
実際には佃煮ではなく「大和煮」となっている。
これを、ご飯に乗せて、お茶漬けにして食べるのだ!
毎日確実にあるわけではなく、品切れになることも多いらしい。
運良く、「昨日炊いた」というのを200gゲットできた。
店番は品の良いおばあさん。
「お遣い物ですか?」と聞くので、
「いえ、自宅で食べます」と言うと
「贅沢ですねぇ」と言われてしまった。
「だって、評判じゃないですか」と答えると
「そうらしいですねぇ」とあまり気にしていない様子。
下町の佃煮屋さんであった。

で、それをゲットして、ミーティングに。
まず、養老、そのまま安楽亭というヘビーコースだった。
安楽では、クーポン券を駆使して一人700円。
バカにできないぞ、クーポン券。
ちなみに、ミーティングでは、
オイラの腹が巨大なことが、とってもウケた。

お開きになって、よろよろと本八幡につくと、偶然甥ッ子のシンヤに会った。シンヤも、オイラの腹を見て
「妊娠してる」と言った。
やはり、迫力があるのだな。
追補
□ 2002/06/22(Sat) 15:23:00

前回の記述で誤解を招きそうので説明を。

有線LANのXPと無線LANのWindows98からプリントできた、と書いたが、これは、mini100wに無線LANアダプタカードを取り付けて、直接無線LANで印刷データを渡したのではない。
無線LANアクセスポイントは、別個に設置してあるのであって、そこら有線経由で印刷ができたということ。
プラネックスの無線LANアダプタが、そんなに高価なわけではいけど、プリンタとハブは位置が近いので無線化の必要性は、いまは感じないのである。
扱い高が少ないの?
□ 2002/06/22(Sat) 01:53:27

プラネックスからプリントサーバが届いた。
20日発送で21日着だから、発送手続きはキチンと行なわれていたわけだ。
しかし…
届いた姿が、かなりなものだった。
まず、オマケと思われる帆布製トートバックが二つ折りにしてある。
その上にカタログ小冊子が二つ折りにして置いてある。
その上に製品が置いてある。
それをエアパッキンのシートでグルグルっと巻いて、
テープで止めてオシマイ。
エアパッキンに直接送り状を貼りつけて、そのままの姿で届いたのである。

中になにが入っているのか丸判りだ。
別に、プリントサーバだから他人に見られても
「あら、あの人プリントサーバなんか買ってるわ、しかも通販で」
とは思われないだろう。別に思われてもいいし。
でもなぁ…ソルダムは、どんな小さなもの買っても段ボールに入ってくるよ。

だいたいプラネックスさんは、仕事で機材を貸してくれるときには、ちゃんと段ボールに入れてくるじゃない。

なにか?
貸し出す機材は、プラネックス広報の所有物だから、段ボールにいれてくるけど、お客の買ったものは、お客の所有物だからエアパッキンのみなのかい?

というのは、イヤミなのだけれど、たぶん直販サイトである「PCIDirect」から買ってくれる人は少ないんだろうね。
通販担当者も、なにかの仕事と掛け持ちでやらされていて、当然通販専用の段ボールも用意してないんだと思う。
オマケいらないからさ、段ボールにいれようよ。

ちなみに、キヤノンS330とプリントサーバ「mini100w」の組み合わせは、問題なく作動した。有線LANのXPからも、無線LAN接続のWindows98からも支障なく印刷できる。
高速モードのテキスト印刷、速いね。


ところで、M絵ちゃんのパソコン「みえちん号」が壊れたとのこと。オイラの初代機であるCOMPAQを「みえちん1号」として嫁にだしてから、すでに何代目だろうか。
たしか記憶によると…
初代がi486 DX4 100MHz
2号がPentium75MHzの90MHz駆動
3号がPentium133MHz
4号が今回壊れたCeleron500MHz
ではないだろうか?M絵ちゃんの会社に納めたパソコンと混同しているかもしれない。

で、壊れたのは(頼り無い記憶によると)ブックスタイルのベアボーンだったはず。内部空間が狭くて、電源等の排熱が厳しいやつだったのでは?
でも、次のもやっぱりベアボーンなのである。
CPUは最後のSocket370「Celeron1.4GHz」だ。

ちなみに、この「みえちん」シリーズには、奇跡的な継承がある。なんと、初代のCOMPAQから、HDDの中身が継承されているのである。
Windows95からアップグレードしつつ、HDD自体は変わっても中身はフルコピーして、今日を迎えているのである。
普通はレジストリがグチャグチャに腐っていそうなものだが、M絵ちゃんは、オイラのいいつけを守って、なにもインストールしないので、まだその手のトラブルには出会ってないのである。
今回、パソコンが起動しないとのことなので、もしかしたらHDDの物理的なクラッシュの可能性もある。でも、電源かマザーボード(とくに電源周り)のクラッシュだと思うんだよな…。
HDDが逝ってなければ、今回もHDDの中身は継承される。そのこともあってOSはWindowsMeになる予定である。
HDDの中身継承も、次が最後だろう。次にマシンを変えればOSはかならずXP系になる。一度XP系になったら、もう中身コピーでの継承はできないのである。
(だいたい、XPで動くアプリケーションもろくに入ってないだろうし)



合コン?
□ 2002/06/21(Fri) 03:33:00

雨が降るのである。
オイラは身体が紙で出来ているので、雨が嫌いなのだ。
雨に濡れると身体が溶けてしまうからだ。
「♪かんかん、紙のお人形は〜」
って誰も知らないか…

今日は荒木町出版との打合せ。
雨に濡れそぼりながら、出かけた。
打合せした収穫はそれなりにあった。
計画通りに企画が通れば、面白い本ができそうである。

ところで、業界裏話ニュース!
麹町出版のTCM氏と、荒木町出版のE女氏は、以前同じ会社の同僚だったとのこと。で、麹町出版と荒木町出版には、共通の著者がいる。オイラもそうだが、某クリエーター集団もそのひとつ。そのクリエーター集団が間に入って、麹町出版と荒木町出版の両当事者を含めて、呑み会が開かれる模様である。
元同僚の当事者同士は旧交を温めるのだろう。でも、一緒についていく両社の他メンバーの目的は如何に?
まさか、就職活動ではあるまい…。合コン?
そして、現場ではどんな話が肴になるのか?オイラの悪口だろうか…。
非常に気になるイベントである。

ほっ欲しい…引っ越しか?
□ 2002/06/19(Wed) 23:37:40

日課のように本屋に行く。

そこでフと目にとまったのは、かつての愛読書「Stereo Sound」誌。
表紙のスピーカーが青いバッフルではないかい…。
パラパラとページをめくると、
「JBL studiomonitor 4348」
とあるではないか、表2のハーマン・インターナショナルの広告も、この4348。
4343、4344を継ぐものみたいな広告が!

ガピーン、欲しい。強烈に欲しいぞ。このスピーカー。
ご存じのように4344の不正改造機を使っているオイラとしては、4344MkIIではなく、コイツが欲しい。
ウチの4344は、中古でウチに嫁いでから、すでに10年が経過している。(えっ、もう10年かい…>自分つっこみ)
ネットワークのアッテネーターもバカになっていて、オイラの改造により、アッテネーターを回避して、ネットワークのオイシイところに直結されているのである。ウーハーが不正規品なので、これでバランスはOKなのだ。
愛着はある、でも仕事場を借りてから自宅で音楽聞くチャンスは皆無。我が4344改もかなり朽ち果て気味なのである。

ああ、欲しいよぉ4348。買うのはお金の問題で、これは無理すりゃどうにでもなる。
問題は、今生活の中心が仕事場であり、これがアパートだということ。

むむ、どうしたものか。
不動産屋の店先には、近場の戸建貸家のチラシも貼ってある。場所は近い(徒歩4分程度か)。でも家賃は当然高い。
戸建じゃないと、スピーカー置けないしなぁ…。(これは正確ではないね。アパートにスピーカーは置けるけど、鳴らせない)
先月、アパートの更新をしたばかりだし…。

JBLは製品寿命が長いから、これから数年をかけて悩むことになるわけだ。住処のことを考えるときには、常に4348が念頭に置かれるのである。ああ、悩ましい機械…
セブン・セブン・セブン!
□ 2002/06/19(Wed) 14:24:06

サッカーが一段落したので、レンタルビデオを借りてきて、新作ウルトラセブンの6部作を見ている。
現在進行中の5部作へ繋がるシリーズなので、おさらいしておきたいのである。


で、レンタルビデオで借りてきたウルトラセブンとは全然関係ない話を。

以前、にゃら選手とアキバへ行った際に、衝動買いした機器がある。
デジタル編集機なるのものなのだが、これが便利だ。
映像出力機器の出力端子に繋ぐと、動画をデジタル化し、本来の動画情報だけを取り出して、カラーバースト信号等の「動画情報」以外の信号は削除するというのも。同期信号も内蔵するTBCで生成して乗せてくれるのので、どんなソースでも「正しい動画」として出力される。

実はこの機械、買ったまま活躍の機会がなく、ほったらかしだったのだが、今になって大活躍である。カノープスのMTV1000を搭載した、ウチのキャプチャマシンに入れる画像を、これでクリーニングしているのである。

以上は、レンタルしてきたウルトラセブンとは、全然関係ない話である。
賭にも乗ってくれない
□ 2002/06/19(Wed) 00:30:28

やはり今日はサッカー。
残念ながらベスト16止まりだったか。

スポーツライターの金子達仁氏によると、トルシエジャパンは
逆転勝ちが4年間で1回しかないとのこと。
この情報をワールドカップ開催前に聞いていたオイラは、初戦のベルギー戦とのときも、先制点を取られて絶望感にかられていた。そのベルギー戦も引きわけ。
今回も120分で引き分けて、どうにかPKに…と祈っていたが、ダメだった。
善戦した日本代表、ここまで楽しませてくれてありがとう。
かなり仕事の妨害はしてくれたが…。

で、夜に、韓国・イタリア戦を見る。韓国代表はJリーガーが多いし、イタリアはセリエA選手が多いので、サッカーに詳しくないオイラとしても、普段見ている範囲で知っている選手がいっぱいして見やすいのである。
しかし、韓国はさすがである。ああいう闘争心はキムチパワーだと思うと言ったら、SNPさんは「朝鮮人参かもしれず」とのこと。
うむむ、朝鮮人参か…なんか納得。

ところで、オイラは床屋に行きたい。
暑くなるとアタマに汗をかいてしまい、髪の毛がびしょびしょになってしまうのが、とっても気色悪くて嫌なのだ。だからボウズにしたい。床屋に行って「清原みたいにして」と言いたいのだ。

だが、周囲の反対意見が多い。
過去2回「スポーツ刈り」にしたことがあるのだが、それ以来、
実の母親が「似合わない」
同居人Mも「似合わない」
M絵ちゃんも「イヤ」
と言うのである。

でもボウズにしたいオイラは、今日、同居人Mに賭を持ちかけた。
「日本代表が勝ったら、オイラがボウズにするのと、負けたらボウズにするの、どっちがいい?」
とふったのだが、
「どっちもイヤ。後で美容院に連れて行く」と賭自体に乗ってくれないのだ。一昨年、無断でスポーツ刈りにしたときは、Mは泣いた。

そもそも、火曜日にどうやって美容院に行くつもりなのだ?

取り敢えず、美容院行きはまぬかれたが、まだボウズにはなっていないオイラなのだ。
Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]


表示件数:
(現在415件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club