プラモのことなら
日記のようなもの

BACK
□仕事のメモや、身近に起こったことなど、不定期かつ無秩序に記しておくページです。
□気になることがあってもツッコまないでください(^^;
□固有名詞はおおむね仮名です。
BY / oriental

Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]
巨人優勝おめでとう
□ 2002/09/25(Wed) 17:29:56

オイラとしては昨日決まらなくても、今日、桑田の完投・胴上げ投手というのが見れるなら、そっちがいいかなとも思っていたのだが、どんなカタチであれ、優勝が決まったのだからメデタイ。
なんでもサヨナラ負けでの胴上げは史上初とのこと。
オイラも一応ヴーヴクリコ(シャンパンね)を用意していたのだが、どのタイミングで開けるか悩んで、結局原監督が胴上げされるのに合わせて開けた。

ところで、阪神のユニフォームのことだが…
ホーム用ユニフォームには背中に選手の名前が入っているが、
ビジター用には背番号だけ…
これって逆じゃないだろうか?
地元は阪神ファンが多いのだから番号だけで選手を認識できるけど、敵地では無理では?来年は逆にしたほうがよいと思う。

くじ運よく胴上げ試合を中継したフジTVもすごかった。5時間1分の試合を最後まで中継して、胴上げまで見せた。延長戦に入ってからは、攻守交代時のCMも入らない。(ナースのほうのスポンサーだったのか?)
ズレまくった以降の番組は「150分繰り下げてお送りします」とのこと。午前1時過ぎに見る「ナースのお仕事4」もなかなか乙なものである。ドラマファンははらわた煮えくり返っていることだろうけどね。深夜に予定されていた音楽番組がひとつ吹っ飛んだようだ。

で、フジのスポーツニュース「すぽると」は2時39分からの放送。
これも見て、その次の番組はなんか若手芸人を使ったバラエティ番組。
その番組の本編が終わって、CMが入って、番組のエンドキャッチが流れたら、いきなり画面がグレーアウトしてフジテレビ放送終了。いつもの鳥が眠るCGとかはなく、唐突に放送終了なので、TVに向かって「オイ、終わりかよ」とツッコンでしまった。
で、ツッコミきったと思ったら、いきなり「めざまし天気」が始まった。
もう、4時30分。ギリギリのタイムシートでやっていたんだね。

すぽるとを見終わって、メールチェックをすると…
2時20分に月刊Tから打合せ日時変更のメールが入っている。スケジュール的には校了寸前のはず。やっぱ徹夜ですか。

さらに
3時20分にはにゃらがね選手からメールが。
レースでスプラッタクラッシュしたマシンは、リヤ周りが全損の模様。フロント周りもかなりヤバめで、アンプも蓋が閉まらないとのこと。まだマシンをバラす気にもならず、「なんかアルバイトない?」と、相当な落ち込みようである。
新車に切り換えてから2戦目。10パックぐらいしか走らせてないうえ、このマシンにしてから非常に調子が良かっただけに、ショックがデカイよね。レース前にシャーシも新調してたしね。
さっき、にゃら選手はウチのアパートに現れて、「真希ちゃんの呪いは恐ろしい」とつぶやいていた。
真希ちゃんの呪い?
□ 2002/09/23(Mon) 05:01:04

予定通りレースに出かける。
懸案だったフロントスタビが、そこそこちゃんと取り付けられたりしたので、少しは順位が上がるだろうと期待して出発したのである。

しかーし、予選第1ラウンド
9周したところで車を軽くヒットさせたら、車がおかしい。
回収してみると、フロントのアッパーリンクが外れている。
むむ、過去の練習でもアッパーが外れたことは、ほとんどない
何故に!と叫びながら、取り敢えずそのまま治した。
順位は、当然のごとくビリ。
なにせ先月のレースでもブービーなので、アタック中に車壊したらビリで当然である。(でもタイムは先月より少し良い)

予選第2ラウンド
さっきよりは調子がよい。
が、8周したところで車を軽くヒットさせたら、車がおかしい。
回収してみると、またフロントのアッパーリンクが外れている!
なんで??
順位は、タイム更新したものの、やっぱりビリ。

ビリなのは仕方ないとしても、走りきれないのは問題である。
オイラは普段から「マーシャルの世話にならないレース」ができれば、それでよいと思っているのだが、今日はその基準を満たしていない。

これはイカン!
と思い、アッパーリンクの取り付け方法を換えて、皿ネジ固定として「外れない仕様」で決勝に挑む。

決勝スタート
最初の周回で一人抜くと、隣に立っている翠川店長(も出場していて、オイラと同じメインだった)が
「これ違うわ…」
言った。
なんのことかと思うと、使い終わったバッテリーで決勝に挑んでしまったようだ。数周すると店長は「だめだ」と言ってお立ち台を降りて、バッテリーを交換しに行ったようだ。
これで順位がまた上がる!
と小躍りしていたオイラだが…
車を軽くヒットさせたら、車がおかしい。
アッパーリンクは外れていないはずなのに?なぜ?
マーシャルが、復帰させようと尽力してくれているが、手に負えない模様なので、自らお立ち台を降りて調べてみると、
アッパーリンクは外れていないが、フロントワンウェイのカップからジョイントが外れて変なところに噛んでいる。
をを、フロントワンウェイのカップは短いと思っていたが、こんなことになっているとは…

実は、フロントワンウェイは先週の練習で初めて使って、そのまま採用していたもの。練習中には一回もトラブルが出ていなかったが、それは車をヒットさせなかったからだったのだ。
ウカツであった。
アッパーリンクの外れも、カップからジョイントが外れて、ストレスが発生し、リンクをすっ跳ばしていたからだったのだ。
応急処置してレースに復帰し、当てないようにソロソロと走るが、先に復帰していた店長を抜かすこともできずに、結局ビリ。
予選1、2ラウンド、決勝通してすべてビリだったというのは、オイラのレース史上初体験であった。

レース終了後、ユニバーサルを3mm長いものに交換して練習走行をしたが、激しいクラッシュでも車に不具合が起きることはなかった。

実は、この日モー娘。の横浜アリーナコンサートに行くチャンスがあったのだが、後ろ髪ひかれつつもレースを取ってしまったのであった。
きっと、このコンサートを最後に卒業する後藤真希ちゃんを見捨てた呪いだったのだろう。(違うだろ!昨日TVばっか見てたせいだって>オイラ)

なぜか、呪いのとばっちりを受けたらしく、にゃらがね選手も、非常によいレース展開をしていながら、途中で臓物をばらまくクラッシュを演じてリタイヤしてしまった。バラセル車が臓物をばらまくとあんなにすごいことになるとは知らなかった。
恐るべき呪いパワーである。
西武優勝おめでとう
□ 2002/09/22(Sun) 03:44:40

明日はラジコン
で、昨日から、モゾモゾと準備をしていた。

でもTVは見る。

朝はBSでマリナーズ
今日も惨敗でワイルドカードでプレーオフに進出するのは絶望的である。
イチローの調子が悪いのもわかるが、なぜに先発ピッチャーがあれほど点を取られるのか…
去年から同じ傾向だったが、去年は試合中盤で驚異的に挽回していたからどうにかなっていたのに…
来年は先発強化しようよ。

で、午後からやっぱりBSでロッテ・西武戦
西武ナインはガチガチであった。
で、案の定負け
ダイエー戦はナイトゲームなので、選手はどうするの?と思っていたら、ダイエーが2回で2点以上リードされている場合は集合、それ以外は自由行動だそうだ。

で、夜は巨人戦
9回逆転勝ち。もうちょっと手前から頑張って工藤に勝ち星つけようよ…
ツラツラと思っているのだが、清原・阿部・二岡といった人達は、松井とは生まれ持っての「星」が違うのだろう。
松井は、試合中盤までに試合内容を作る人であり、
土壇場でオイシイ場面が来ない、または来ても活かせないタイプなのであろう。
キヨとか慎之助(彼のニックネームは「ピーター」というのだよ)は、「オイシイ場面好き好き人間」なのであって、そういう場面が回ってくるようになっているし、オイシイところをもっていくようになっているのであろう。
できることなら、オイラは後者のような人になりたい。

先日まで、オイラは、もし松井がアメリカ行ったら、4番ヨシノブ、5番キヨ と思っていたが、今は4番キヨ 5番阿部でよいな…とひとりごちていたのであった。

で、肝心のダイエーは、8回まで1-0で負けていたが、9回に同点ホームランで追いつき延長戦。
地上波、BS波ともに中継はなし。CS波は中継があるようだが、ウチでは見られず、当然日本中のほとんどの人がダイエー戦を見られないまま、時間は過ぎる。
G+はよく、東京ドームの日ハム戦を中継するのに、昨日も今日も中継なしである。やりゃあいいのに…
NHKの9時50分からのスポーツニュースの最中にダイエーの勝ちがなくなり西武の優勝が決定するが、オイラが見ていた「夜もヒッパレ」では臨時ニュースは流れなかった。
寂しいねぇ…
幕張プリンスでのビールかけは、いつも駐車場だし、選手も監督もTシャツだし。報道陣少ないし…ファンは騒いでないし…
サクラ入れてでも盛り上げて欲しかった。

スポーツニュースをみたが、伊原監督ってあんなキャラだったのか…
昔から西武のコーチで、走塁ミスに厳しい人、対ヤクルトとの日本シリーズで弱気な走塁をした秋山を怒鳴っている…という印象しかなかったが、実態はなかなかキャラの立った人であった。

明日から、西武デパートと西友はセールだな。
でも、日常食料品以外、とくに欲しいものがない…残念


で、夜11時からはWGP(オートバイの世界選手権)ブラジル開催なので、これが午前3時まで中継。
モトGPクラスでロッシが今期10勝目(2戦しか落としてない)でチャンピオン決定。次はもてぎ開催なんだから、もう1戦伸ばして欲しかった(と、もてぎ関係者は思っているに違いない)
来てたの?
□ 2002/09/20(Fri) 22:12:51

今日のワイドショーによると
秋篠宮ご一家が昨日、大恐竜博にご来場とのこと…

我々は、昨日は昼過ぎから夕方まで会場にいたのだが、そんな気配はまったくなかった。
ワイドショーを見ると一般客と一緒に見学している。
夕方に来たのならば、我々が厳重警戒に引っかかっていたはず。
我々がが帰ってから来たのでは、とても全部の展示をみることはできない。
と、すると、やはり朝イチだったのだろうか?
ちょっと謎である。

明日は中秋の名月だそうだ。
恐竜音頭はかかってなかった
□ 2002/09/19(Thu) 23:04:23

なんか、今朝も6時ごろまで起きていたのに、午前中に起きて幕張メッセに大恐竜博を見に行った。
開催が決まったときから、見に行かねば!と思っていたのだが、このイベントに小学生の夏休み期間に行くのは自殺行為であるという賢明な判断により、数日前まですっかり忘れていたのである。
ところが、9月に入ってから、偶然BSハイビジョンで、恐竜モノの番組を見かけた同居人Mが、思い出したらしく、数日前から「恐竜博!」と騒ぎだしたのである。
とはいうものの、オイラはけして忙しくないがスケジュールに大きな空きがあるわけでもなく、数回チャンスを逸していた。
で、ようやく今日、行けることになったのである。

今週幕張に行くのは、今日しかないのである。
というのも、昨日マジック2だった西武ライオンズは、ダイエーが負けなかったために、地元所沢での胴上げを逸した。マジックは1で、次の対戦相手はロッテマリーンズ。
もし、今日マリンスタジアムで試合があったら、周辺が混雑するのは目に見えているのである。なぜそう思うのか…実はオイラは93年10月13日、マリンスタジアムで胴上げをするライオンズナインを、この目で見ているのだ。まだ秋山も清原もいたのである。ロッテの先発は伊良部であった…(遠い目…)

でも、今年の場合、ロッテ戦は明日から。だから今日は大丈夫のはず…と予想して、出発!
案の定、すいている。
なかなか凶悪な入場料を払い(高価いよ!科博の特別展を見習え!)、イヤホンガイドを借りて入場。入り口の会場マップを見ると、なんか狭い。ボラれたか?と不安になる。
「大恐竜博」というだけあって、展示化石は草食の大きいものばかり。大型草食恐竜のライバルとしてアロサウルス系がちょこっと展示されていた。一応、生息年代順に並んでおり、ジュラ期になると、今回のメダマであるセイモスサウルス(マスコットキャラ「セイモくん」の元)が登場。
うーむ、確かにデカイ。全長35メートルは、いままで見た骨格標本のなかで最大である。しかも同系列のセイモよりちょっと小さいだけの骨格標本が3体ほど並べてあり、かなりの迫力であった。広いフロアに、恐竜だらけ。科博では味わえない迫力であった。パネルの解説は、科博ほど丁寧ではないが、イヤホンガイドは分かりやすい。これは正解であった。
壁際で、プラズマディスプレイによる映像展示もあり、そのなかで、セイスモサウルスが現代東京を闊歩する(ことで、その大きさを実感させる)という映像が流れている。日本橋や新宿を歩くセイスモは、なかなかデカかった。
資料によると、セイスモサウルスは全長35メートルで体重は42トンとのこと。象は体重5トン程度だから、ガタイの割には軽いようだ。

肉食恐竜の映像展示を見ていると、なんかデジャビュが…
あっ、この映像はBSハイビジョンでみた番組の一部ではないか!よくよく調べるとNHKも協力していたのだった。

すべての展示物を見て、おみやげコーナーを物色。たいしたものはないが、大恐竜博限定のチョコラザウルスはゲットしてしまった。

おみやげコーナーには、つんくプロジェクトのシャッフル企画「おどる11」のグッズが売っている。大恐竜博のテーマソングは彼女たちが歌う「恐竜音頭」である。
♪あっきょうりゅうおんどで、どどんがどん♪
と会場ロビーに絶え間なく音頭が流れているものと思ってきたのに、けっきょく会場内では一度も恐竜音頭に遭遇することはなかった。

会場を出て、やっと煙草に火をつけ時計を見ると、3時間も経っているではないか!実感は1時間半程度だと思っていたのだが、3時間見れたということは、そこそこ充実していたのではないだろうか。

腹が減っていたので、セイスモサウルスが食える店を探したが、見つからず、
マリブモールのなかに発見したトニーローマに入ってスペアリブを手づかみでむさぼり喰って、帰途に着く。

駐車場までの道のりで、歩道橋下に簡易住居を構える若者数人を発見…。ホームレスではなさそうだし…、西武ファンならマリンスタジアム前に居るはず…。それになんだか、「アノ」独自のオーラを放っている。途中でイベント一覧のポスターを見ると…22日が「プレゼントコミケin幕張2002」であった。はぁ、ご苦労さまです。
気付いたら夜明け前
□ 2002/09/19(Thu) 01:10:59

昨日の夜、バーに頼まれていたパソコンを納品した。
依頼者が取りに来てくれたので、納品自体は非常にラクであった。

ラクしたんだから、ということで、夜中近くになってからノコノコとバーに呑みにいくことに。
タクシー乗り場に到着する寸前に、携帯が鳴った。当人からである。
「旧パソコンとLANを組もうとしているが、わからない」とのこと。
「いま、そっちに向かっています」
と、とてもナイスタイミングだったようだ。

で、バーに到着。1杯呑んでいると、当人登場。
詳細を聞くと、ハブがない模様。
その時間からハブを買えるわけもなく、オイラのアパートまで取りにいくことになる。
同居人Mは、その間バーに人質に取られるが、ロハで飲み放題にしてくれるとのことで、嬉々としていた。

で、往復20分程度で、ハブ登場。
オイラは青島ビールを片手に、勝手知ったるバーのバックヤードに入って、パソコンをいじるのであった。
旧パソコンがWindows98、新パソコンがWindowsXPなので、
LANの設定を済ませて、
「ファイルと設定の転送ウィザード」
で、データやらなんやらの移植をする。

一仕事終わってカウンターに戻ると、同居人Mはすでにカクテル4杯、フード2皿をこなしているようだ。
そもそも、人質にとられたときに、責任者が、カウンターに入っている女性バーテンに
「こちらは、全部ドライでね」
と告げていったものだから、強めのをクイクイといっているようだ。
そこにオイラも加わって、呑みはじめる。
新人の女性バーテンを相手に、そのバーの昔話などをしつつ、楽しいときを過ごし、「さてと」と腰を上げたら4時を回っていた。
同居人Mは世間がグルグルと回っているようだ。

帰りも送ってもらい、ロハでずいぶん楽しい思いをしてしまった。役得である。

で、今日は荒木町出版の打合せ。
夕方にセッティングしてあったので、遅刻はしなかったが、けっこうギリギリまで寝てしまったのである。
『ピシ!』っと破滅の音が…
□ 2002/09/16(Mon) 02:37:26

予定通り、ラジコンの練習に行った。

フリクションロス軽減の効果とか、モーターメンテの効果とか、
アンプのパワーカーブとか、適正ギヤ比の見極めとか、フロントワンウェイ用のセットとか、試したい課題がいろいろあったので、そそくさと走行を開始した。

フリクションロス軽減とか、モーター、アンプの効果は走り出せばすぐわかる。「ああ、やっぱり(直線は)速くなったな」とか思いながら(それでもAメインドライバーより、はるかに遅いのだけど)鼻唄まじりに(不真面目だなぁ)走っていたのである。
ところが、8分ほど走ったところで…

「ピシ!」

と、オイラの手の中で破滅の音がしたのである。
突如、直線もマトモに走れなくなる愛車。
プロポのステアホイルのテンションスプリングが切れたのである。
よろよろする愛車を回収してピットへ戻るオイラ。

うーむ、1本目のバッテリーで、プロポのバネが切れるとは思わなかった。
プロポのバネが切れたのを見るのは始めてではない。友人、知人、かなりの人数が、このプロポのバネ切れを体験しており、それを何回も目撃している。が、まさか自分が体験すると思わなかった。

バネの予備は持っていない。川口ネットワークでは、かつてはバネを常備しておいてくれたのだが、さすがに5年落ちのプロポなので、すでに品切れ。

まだ、走りはじめたばかりだし、試したいことも多い。充電済みのバッテリーも、まだまだあるので、自力で直さなければならないのである。

しかたないので、プロポをバラして患部を診察する。
やはり、バネの先端がちょん切れている。
バネのほうは、巻きを少し戻して引っかけ部分を作れば、この場はしのげそうである。

ところが、プロポをひっくり返して、振ったりしてみたのだが、キョン切れたバネの端っこが見つからないのである。
電子基板むき出しのプロポ内部に、金属バネの端っこが転がっているはず…。どうにも気になるのだが、見つからないのもはしょうがないので、バネの修理をして、プロポを組み立てた。

その後、プロポには問題はない。
しかし、いつの日か、突然にバネ端っこによるショートで、このプロポは火を噴くかもしれない。
ちょっと公開
□ 2002/09/15(Sun) 02:01:32

耐久レースに出場した「チームおとうさん」の中村おとうさんから、レースの写真を貰ったので、近々参戦記を書こうと思う。
でも、先に、例の2号車のホイルを公開しておこう。

車体についてるとこうで
外すとこうである。
自分のものにしたい
□ 2002/09/15(Sun) 01:50:42

頼まれたパソコンは、金曜日に部品の買い出しに行って、材料は揃っている。
Pentium4 2.53GHz
DDR 512×2の1GB
という基本スペック。

イラストレータやフォトショップを快適に!という要望だったので、他の部品は、オイラの手持ちを放出しメモリ大盛にしてみたのである。
自分のお金ではないので、部品選定もためらいなく豪快に買ってみた。ケースやマザーボード等、パソコン1式の部品購入が約30分という早業であった。

自分ではまだ所有していない533MHzペースのPentium4
オイラも欲しい…


そういえば…(閑話休題)
カレー第2弾は、金曜日の朝食でみごと完食。
ほぼ1週間、カレーだけ食べて生きていけることは証明された。



間違ってないか?
□ 2002/09/15(Sun) 01:44:30

頼まれたパソコンの製作準備(あくまでも準備で、まだ作ってない)をしつつ、ラジコンの整備をする。
日曜日に練習にいくのである。

メンテやリビルトをしつつ、耐久車を川口ネットワークの月例レース用のセットに戻している。
ブランクが長いせいか、どうにもモーターのパワーを引き出すことができず、ちょっと悩む。
アンプも耐久で使ったキーエンスからKOに戻して、パワーカーブの設定をしてみた。
で、その設定のためのデータシートをKOのサイトからダウンロード(pdfだった)して、その通りにセットしてみるのだが…、どうも腑に落ちない。

トイレに入ったついでにRCワールドを開き、タミヤのアンプのセッティングシート(KOのOEMだから)と、その解説を読み込んでみると…。
やっぱり、KOのセッティングシートは、上下が逆(ミスプリ)だと勝手に判断した。周波数の高低が上下逆なのだと思う。

KOのシートを鵜呑みにすると、スロット開度が少ないときに高周波数で、全開時に低周波数にすると「パンチがでる」と言っているのだが、記事とか読むと、逆のはず。

オイラのブランクが長くて、理解が足りてないのだろうか。
KOのPCで使うセッティングソフトだと、グラフの上が高周波で下が低周波なのだが、pdfのシートやアンプに添付されている説明書のシートだと、グラフの上が低周波で下が高周波なのだ。
たぶん、これがミスの元なのではないだろうか、と予想してみた。真実はわからんのだけどね。
Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]


表示件数:
(現在415件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club