プラモのことなら
日記のようなもの

BACK
□仕事のメモや、身近に起こったことなど、不定期かつ無秩序に記しておくページです。
□気になることがあってもツッコまないでください(^^;
□固有名詞はおおむね仮名です。
BY / oriental

Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]
先月よりはよかったぞ
□ 2002/10/29(Tue) 13:32:18

日曜日は、NWで月例レース
先月惨敗だっただけに今月は少しでも上に行きたいところだ。
まあ、先月より下はないので、どんなに悪くても先月と同じ成績であるのだが…

先週の練習で、ちょっとセッティングの迷路に入ってしまっていたのだが、朝にゃら選手の車のなかで、セッティング変更の方向性を考えており、それを実行したら、非常に良い方向を見いだすことができた。

で、予選を2ヒートこなしてみると、結果は…
うむ、前回よりひとつだけよい順位である。
ってブービーなんだけどね。

決勝は当然のごとく最下メイン
ここで、新エクイップに翻弄されて大失敗をしてしまった。
タイヤウォーマーを買ったのだが、熱を入れすぎてしまったのである。
10分決勝中、6分過ぎまでタイヤがネロネロでグリップしない。
メロメロの走りを続けて、結局ブービーである。

先月がビリ・ビリ・ビリで
今月はブービー・ブービー・ブービーだ。
まあ、実力的にはそんなものであろう。

レースが終わってから、新セッティングに合わせた走り方を、ちょっと練習。
マシンの安定度が非常に高くなったので、いままで恐る恐る挑んでいたコーナーが楽になった。
このままのセッティングで、耐久レースも行けそうな感じである。
いじってやったら、そこそこ使える
□ 2002/10/25(Fri) 18:15:26

にゃらがね選手が持ってきた、某大手国民機メーカー製のスリムブック型パソコン。
Duron750MHz、メモリ64MB、HDD40GBというスペックである。

これをいじくってみるという試みをした。
まず、最初のテストの段階で128MBのメモリを足して動いた。これは前回の日記の通り。
手持ちにDuronの1GHzがあったので、これにつけ替えたら、すんなり動く。
ここで、メーカーサイトを調べてみると、同型番でAthlon1GHzモデルが存在するではないか。どうりでDuron1GHzもすんなり動くはすだ。

そのままWindowsMeでテストしてみるが、気持ち速くなった程度。
やっぱりQuantumの40GB HDDがかなり遅いようだ。
ちょっと調べてみると、けっこう謎なHDDである。
メーカーはMaxtorに吸収されてしまったQuantum。
シリーズはFireball lct20。
容量は40GB。
Fireballは、Quantumが吸収される前からあるブランドで、lctは廉価版シリーズの名称である。40GBという容量からみて比較的後期の製品だと思える。(パソコン自体が2001年初頭に出荷されている)
で、lct20は、当時話題になった静音のために、プラッタ回転数を4500回転に下げているシリーズだ。
ところが、アキバPC HOTLINEを見ても、同機種の40GBモデルはアキバの店頭に登場した気配がないのである。アキバで売られたのは30GB止まりである。
PCメーカーは、HDDメーカーから直の取り引きなので、アキバに存在しないHDDを搭載するのは珍しいことではないが、メジャーメーカーのHDDの中にアキバで売られたことがないモデルなんてあるのだろうか…
しかたがないので、Maxtorのサイトの奥のほうからPDFを引っ張り出してきたら、ラインナップの最上位に40GBモデルを発見した。やはり4500回転、バッファは128KBしか乗っていない。プラッタ容量はたぶん20GBであろう。

これでは速いはずはない…
ということで、手持ちのバラクーダIVの80GBに取りかえ、そこにWindows2000のインストールを試みる。

PC本体のメーカーサイトを探って、Windows2000用デバイスドライバを探すが、マザーボード用(チップセット用)のデバイスドライバは見つからない。Athlon1GHz搭載モデルにはWindows2000モデルがあるので、デバイスドライバは有るはずなんだけどナァ…と探すと、Windows2000用のマザーボードデバイスドライバは不要とのこと。本当にそうだったっけ?KT133チップセットに、nVidiaのVantaグラフィックチップ搭載なのだが、これってWindows2000が純正サポートだっただろうか?半信半疑でインストールを開始すると、これが難なくインストール完了。YAMAHAのサウンドチップ以外のデバイスドライバは、インボックスですんなり入っていた。YAMAHAのデバイスドライバはすでに入手済みなので、これをインストールした。

で、結論としては、ギリギリ今日的に使えるパソコンが出来たように気がする。
やっばり、マザーボードにIDEポートが1つしかないので、複数のHDDを搭載するのは難しいようだ。PCIは2つあって、一つはモデムとIEEE1394の出口になっている。これを外してLANカードを入れたら、リソースがぶつかった。モデムはPCIカードのほうに乗っているのだが、IEEE1394のコントローラーはライザーカードに乗っていて、PCIのブラケットにあるのはIEEE1394の口だけ。たぶん、IEEE1394のコントローラーチップとLANカードがぶつかったのであろうと予測して、もうひとつのPCIバスにLANカードを差したら、なんなく認識した。
となると、事実上PCIの空きはない。モデムを外したところにRAIDカードなり、ATAカードなりを差すことも無理なのではないだろうか…

IEEE1394を使って、外にHDDを繋げるしかないのだろうか…
まあ、内部に搭載したHDDが80GBあり、空きは現在70GB以上あるから、取り敢えずの用途には使える。
これで、イタズラを開始できる算段はついた。
なんとなく一週間
□ 2002/10/24(Thu) 20:16:39

忙しかったり、眠かったりで日記つけるのさぼってました…
前回の日記から1週間も空いてる。

えーと、つらつらと記憶を辿ると…
19日・土曜日は、ラジコン・プラモデルショーで帰ってきた●野くんを囲んで飲み会。
やっぱりラジコンの話をして盛り上がる。

20日・日曜日は、にゃら選手、みぱ選手、ぼーる選手と共にNWで練習。
最初の数パック、ウレタンバンパーを付けずに走っていることに気がつき愕然とした。どうりで当たると派手な音がするはずである。
レースで成績が伴わないのを、車とブランクのせいにして、いろいろと試してみるが、
結論は「腕」であることを痛感。基準セットを出してひたすら練習するのが近道であることはわかった。
で、基準セットをだそうとして、練習時間ギリギリで余計なことをしたら、クルマがビックリするほど変わってしまい、ピクンピクンで運転できない状況。果たして、これでレースに挑めるのだろうか?

ひさびさの みぱ選手は、新車を引っ提げて登場。新車の1パック目走行で、「なぜそこが、そんなふうに?」というパーツ破損に見舞われる。
このクラッシュで思ったのだが、最近のマシンに使われている「70-75ジュラ」は、オイラが全盛期だったころの70-75と、ちょっと印象が違う。
80年代の70-75は、手も切れんばかりのハード&シャープな印象で、音もキンキンと鋭かった。でも、今の70-75はなんか加工面を見ると17sとたいした差が感じられない。確かに破損した部品を見ると17sより硬い素材であることはわかるのだが、当時のパッキンパッキンのとは、ちょっと組成が違うのでは?という気がする。

21日・月曜日は、耳医者に行った。金曜日ごろから左耳がつまり気味で聴こえにくい&違和感があった。普段は半日ほどで自然に治るのだが、今回は数日経過しても治らないので、医者に行ったのである。行ったのは、近くの大学病院。近所で信頼できる耳医者が大学病院しかない…というのはいかがなものだろうか?
受け付けから診察・会計まで半日仕事を覚悟していたのだが、月曜日は運良く手術日であり、再診の予約を取ってない。よって外来は初診だけなので、さほど待たずに診察を受けられた。結局、バキューム吸引で耳ウンコの掃除。外耳の容積ってこんなにあるの?と思うほどのウンコ採取に成功して、取り敢えず聴こえは良くなった。なんか違和感が残っているような気がするけど、違和感ってぐらいだから気のせいかもしれない。
で、診察まではとんとん拍子だったのだが、会計待ちがおよそ1時間。それでも昼前にはすべて終了した。

22日・火曜は…なんかあったかな?平凡な日で記憶にない。

23日・水曜は、昨日である。にゃら選手が、どこぞから入手したパソコンを持ってきた。Duron750MHzのスリム機である。これをいじくってみる。メモリ実装が64MBなので、取り敢えず手持ちの128MBを足してみた。うむ動く。がやっぱり遅い。
HDDの中身を見てみる。40GBが載っていて、占有は12GB程度、アプリケーションをほとんど削除しても9GB程度の占領が…。なんで?
よくよく調べてみると「_restore」フォルダ(「システムの復元」につかうバックアップが入っているフォルダ)が、えらく太っている。
これの中身を削除してやると、占有は1.9GBになった。オフィスが入ったままだから、そんなもんでしょう。
これを使って、ちょっとイタズラしようと思うが、IDEポートが1つしかないのが痛い。HDDが1台しか載らないのである。HDD本体の搭載スペースもないし、どうしよう…。

この日は同居人Mが珍しく午後の仕事がないので、夕方から車に乗って散歩に出た。どこに行くかも決めてなかったので、近場で葛西臨海公園に向かう。
到着は午後6時。だが、すでに公園内は真っ暗。観覧車以外なにも見えない状態。手さぐりするように海岸まで出る。うーん、海だ。でも潮の匂いがほとんどしないのはなぜだろう。
やることもないので、公園外周1周完歩を試みる。暗闇をてろてろと歩くと約30分ほどかかることがわかった。ほとんど人通りもなく、小さい街灯に照らされる歩道は、けっこう迫力満点である。時々ベンチに座っている人を見かけたが、ぜんぶカップル。ノクトビジョンを付けて茂みに隠れている人は見つけることができなかった。

せっかく来たんだからということで観覧車に乗ってみた。1周17分は、以前に乗ったお台場の観覧車よりちょっと長い。ゴンドラのシート脇までガラス貼りなので、お台場のゴンドラよりは怖いはずなのだが、お台場が、えらい強風でグラグラ揺れたことを思えば怖くはなかった。「ネズミ帝国の前線基地」とか見えたが、景色はお台場のほうが面白い。やっぱり葛西は葛西であった。
ちょっとデカールが魅力…
□ 2002/10/17(Thu) 18:07:40

タミヤがショーに出しているTA04-SSのアプト・アウディのブツが見られた。

気になっていたエゲツないリヤウイングも、エゲツないまま再現されているようだ。さすがはタミヤ。

デカールは2台分になっているらしい。
青いレッドブルのほうは車番9でエクストローム車。
黄色いのは車番3でアイエロ車。
アイエロは第9戦でチャンピオンが決定している。

ところで、エクストローム車のボンネットには、デカデカとソニー・ウォークマンのマークとNet MDのマークがある。
サイドスカートにはプレステ2のロゴも…

でかいウォークマンマークは、ラジコンに使わなくても魅力的かもしれない。

ちなみに、青いほうの車番を4にするとカール・ベンドリンガー車になる。一本眉毛のカール君は、今DTMに出ているのだ。(速くないけど…)
ほかにも、ジャン・アレジ、ベルント・シュナイダー、も出てる。ピーター・ダンブレックも、ヨアヒム・ウィンケルホックも出てる。ドイツ語圏ローカルの若いのから、国際的ジジイまでいろんな人が出ているのである。
ヤナセとかがスポンサーになって、地上波放送してくれればいいのにねぇ…
座っちゃダメ
□ 2002/10/15(Tue) 01:13:35

今日(14日)仕事に行った同居人Mは、仕事明けで旧知の友人の転職応援飲み会に出席した。夜7時半からの宴会なので、Mが宴を抜けるのは終電寸前になるだろうと予想していた。

案の定、0時半ごろ電話がかかってきて、終電で帰るとのこと。
「乗換は、前に乗ったほうがいいの?後ろに乗ったほうがいいの?」
と聞くので、
「後ろである」
と教えた。

そろそろ乗り換えただろうな、という時間になって再び電話が…
「やっちった。今、東京」
なんだと!

バカMは、秋葉原で降りずに東京駅まで行ってしまったのだ。
どうやら電車で寝たらしい。
寝たということは、座ったということだ。

結局、東京駅からタクシーで帰ってきた。

座ったお前が悪い。
誤算…、そして転用
□ 2002/10/15(Tue) 01:12:25

煮豚は料理として大成功だった。
ちょっとジューシーさには欠けているが、味はいい。

でもチョット誤算があった。
美味しいので、1回でけっこうな量を食べてしまうのである。
二人で食べたら、2回分のオカズにしかならない。
煮豚で食いつなぐ計画は失敗かもしれない。
美味しいから、また作るけどね。

豚を煮た煮汁が大量に残っているので、
同居人Mが仕事に行っている隙をついて、卵を入れた。
煮卵を作るのである。
これは材料費も安いし、1回に大量に食べることができないから、そこそこ経済的ではないだろうか?
ラジコン買い出しツアー?おかず買い出しツアー?
□ 2002/10/14(Mon) 02:10:47

こっちの仕事が一段落したので、にゃら選手とちょっとお出かけした。
同居人Mが休みだったので、連れ出してMの韋駄天号で移動だ。

まずは、関屋まで出て日本橋模型へ。
店内をひと通り物色して、ラジコン冬支度を整える。
休日だけあってサーキット走行している人が多い。1/10のエンジンカーと電動カーが混走しているのは、見ている分には面白いが、やったら大変そう。
多分、今のオイラでは対応しきれないであろう。

で、再び車で秋葉原へ移動。
スーラジでオイラがちょっと買い物。
チャンプでにゃら選手がちょっと買い物。

これで、ラジコン関係の買い物は終わったのだが、
にゃら選手を誘って、チャンプから数10メートル先のハナマサに寄った。

オイラは年内檄貧生活が決定しているので、安く作りおきしておけるオカズを考えていたのである。
で、今回は豚のブロックを買って、角煮にしようと画策した。
豚コーナーを見ると、すでに亀甲縛りになった豚ブロックがあるではないか。
うーむ、便利そう。で、それをゲット。
にゃら選手は、いままでハナマサの安さを認識していなかったようだが、今回は、焼き肉になりそうなお肉をゲットしていた。
オイラは2階に上がって、温めるだけおでんもゲット。冬場はこれが重宝するのである。

そう、温めるだけおでんは重宝する。
半端な時間にお腹が減って、なんか食べるというシュチエーションが、オイラは多い。
いままでのオイラだったら、カップラーメンを食べていただろう。
しかし、実はオイラ、この半年ほどラーメンを食べていないのである。
カップラーメンも、店でラーメンも食べていない。
あれは、半年ほど前、まだ梅雨入り前だった。
小腹が減ったオイラは、当たり前のように買い置きしておいた日清の焼豚屋食した。
食したあと、カップをテーブルの上においたまま、しばらく仕事をしたオイラは、カップを捨てようと手に取ったのである。すると中にはコッテリと固まった動物性油脂が大量に浮いている。そんなのは当たり前のことで、いままでなんどとなく見てきた光景なのだが、その日に限って、なぜかそれがとても「ヤバイもの」に見えてしまったのである。とてつもなく健康を害しそうな気がしたのである。
それ以降、コンビニでカップラーメンに手を伸ばすことが、無くなってしまったのである。
いまでもカップ麺は食べる、でもどん兵衛とか赤いきつねとか、カップうどんしか食べないのである。
べつに意地を張っているのではなく、たべたい気がおきないから不思議だ。

で、軽食の選択肢からカップ麺が排除されているので、温めるだけおでんは、本当に便利なのである。
ちなみに、「おでんウィーク」を実施するときのおでんは、温めるだけでおでんではなく、ちゃんと材料買ってきて煮るのである。あくまでもこれは小腹減り時用の保存食である。

さて、ハナマサで肉やおでんを買った我々は、我が家のお米を買うために錦糸町のクインーズ伊勢丹に向かう。いつものように駐車場に入れようとすると、満車で空き待ちの大渋滞。にゃら選手が「流しててあげるよ」と言ってくれたので、お言葉に甘えて米をゲットした。

ラジもの、たべもの、すべてゲットして帰宅。
早速、角煮を作ろうとレシピをネット検索するが、どうやら亀甲縛り豚では角煮は作らないようである。そう言われればそうだ。
なので、急遽チャーシュー(煮豚)に変更。
なんか、キッチンがラーメンの様相を呈してきた。

これで来週は、昼間はカレー、夜は煮豚という組み合わせか、今日はカレー、明日は煮豚というローテーションになることが決定。

メニュー考えんでいい期間は続く…
今度は成功
□ 2002/10/14(Mon) 01:15:28

月刊Tに忙殺されていて、日記さぼってました…

水曜深夜に作り始めたカレーは、無事完成した。
前回の反省も踏まえて、買った材料全部をカレーにしてしまうと、痛んだ時に全滅してしまうので、今回は半分で作ったとのこと。
で、ちゃんと今日まで保つことができた。
すでに残りの材料で2回戦目が作成されたので、きっと来週もカレーウィークだ。

同居人Mのパン屋店員は、そこそこ順調のようだ。
勤務3日目ににゃらがね選手が、親子で登場。
予想されていたこととはいえ、同居人Mはビビッたそうだ。

にゃら選手曰く
「よく考えると、朝10時までにパン屋に出向くのは大変だ」
とのこと。そりゃそうだね。仕事あるもの。
秋葉原、歩き煙草ができる区域ツアー
□ 2002/10/09(Wed) 03:43:59

ギャラも入ったし、食費を節約する算段もできたので、プロポを買うことにした(ってオイ!)。

で、打合せが終わって、(結果的に最後になってしまった)カレーを食べてから、秋葉原に出発である。
にゃらがね選手が事前に価格調査をしてくれていたので、入手先の第一候補はスーラジである。

でも、購入するものは、それだけではないので公共駐車場に車を止めて、まず上野方面に歩き始めた。
秋葉原は、千代田区の環境条例によって10月1日より路上喫煙禁止である。しかし、オイラは事前に禁煙エリアを調べていたのである。

最初に行くのは、中央通りの御徒町近くにある自転車屋。ここでプロポのグリップに巻く、自転車用のバーテープを買うのである。
(ちなみにプロポのグリップを太くするのにバーテープを巻く方法は、Mゼクス時代に自転車マニアの「菅ちゃん」に教わった。のちにサンワから純正オプションが発売されるが、ハデな柄は自転車用に敵わない)

中央通りを北上し、蔵前橋通りを渡ると、そこからは喫煙可能区域である。「ここからは吸える!」という安心感でホッとする。(実際には吸わなかったが)

バーテープを入手して、細い道を使って昌平橋通りへ出て南下し、チャンプへ向かう。このルートも路上喫煙可能である。

チャンプに到着。
にゃらがね選手に頼まれたネジを入手する。ここにもプロポは売っているが、今は眺めるだけで、見送っておく。その際、プロポ棚の一番上に「アレ」とおぼしきものが置いてあるのを確認しておいた。これが後で役に立ったのである。

チャンプから蔵前橋通りの上野側歩道を歩いて昭和通りへ。
蔵前橋通りは、上野側が喫煙可能、秋葉原側が禁煙区域である。

昭和通りは、浅草橋側が喫煙可能、秋葉原側は禁煙区域である。
で、スーラジ到着。
しかし、本命だったスーラジには、オイラが欲しい40MHz版が品切れである。

残るはフタバである。
フタバまで喫煙可能区域を歩いて行くには、そのまま昭和通りの浅草橋側を南下し、川を渡って岩本町まで行けばよい。岩本町は喫煙可能区域である。
しかし、実際には公共駐車場に戻って、車で移動した。

フタバに到着。
プロポはゲットできた。ついでに「ハードキャリングケースはありますか?」と聞くと、「すいません、切れてます」との答え。
うう、やっぱりコッチが入手困難だったか。予想されていたのだが、やっぱりショックだった。

で、さっきチャンプでちらっと確認しておいた「アレ」が、オイラき思惑通り、ハードキャリングケースなのかを確認に行く。

再びチャンプに到着。
聞くと、まさにアレはハードキャリングケースであった。
オイラが会計をしていると、問屋さんと思われる人物が現れた。レジの人は「ハードキャリングケース1つ入れてください、今売れちゃいました」と発注をかける。
やっぱり、そんなに売れるものではないらしい。

これで次のレースは今日的なプロポを使うことになるだろう。
でも、たぶん12月のエンジンバギーの5時間耐久は旧プロポで参加だと思う。

同居人Mは、今「休憩タイム」だそうだ。
「これから煮込む」と言っている…大丈夫か?
同居人M、パン屋になる
□ 2002/10/09(Wed) 03:19:23

先週の金曜日に面接に行ったパン屋から、採用の電話がかかってきた。
アパートから徒歩1分のベーカリーで、平日の朝6時半から10時までパートである。

同居人Mがいままでやってきたパートは、どれも時給はそこそこだが通勤にもそこそこ時間がかかるものだった。
今回は、その反省を踏まえて、時給は安いが場所が近いところ、をチョイスしたのである。しかも早朝から昼前までの勤務にし、午後はオイラの運転手もできるという算段。学生時代からやっている、もうひとつのバイトも、いままで週末だけだったものを、平日午後にも入れることにしているので、週の半分ぐらいは掛け持ちになるのであろう。

このパン屋さんは、にゃらがね選手のお気に入りであり、採用が決定したことを受けて、「まけてとは言わないから、取り置きしておいて」とリクエストされていた。

ちなみに、初勤務は今から約3時間後であるが、同居人Mはまだ、みじん切り野菜を炒めている…
Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]


表示件数:
(現在415件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club