プラモのことなら
日記のようなもの

BACK
□仕事のメモや、身近に起こったことなど、不定期かつ無秩序に記しておくページです。
□気になることがあってもツッコまないでください(^^;
□固有名詞はおおむね仮名です。
BY / oriental

Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]
「愛おぼえていますか」に自動的に反応する女
□ 2003/03/16(Sun) 05:26:37

14日はホワイトデー、15日は、M絵ちゃんのダーリンの誕生日なので、
14日の午後10時ごろから、行徳の馴染みの店で飲み食いを始めた。

メインは羊。それに合わせたというワインを飲んでいたら
5人で、いつのまにか4本も空けている。
とはいえ、オイラとKたん、ダーリンはあんまり飲んでいないので、
ほとんどを消費したのは、M絵ちゃんと同居人Mである。
オイラの割り当て分も飲ませていたせいか、同居人Mのテンションがおかしい。
未婚女性であるKたんに、オイラの乳輪の好みの話しをマジ顔で語りだした。
ダーリンは仕事疲れのせいか、イスで寝始めている。

これじゃラチがあかん、ということで、(たぶん)午前1時過ぎに河岸を変えて駅前のカラオケボックスに入った。
部屋に入ったとたん、同居人Mはコートを脱ぎ、オイラが脱いだフリースを枕に、自分のコートをかけて横になる。
「30分だけ寝ます」
と言ったとたんに沈没。

同居人Mとは逆に、店で寝ていたダーリンのテンションが上がっている。
M絵ちゃん、「木綿のハンカチーフ」「氷雨」「銭形平次」などを歌う。
時代劇つながりで、オイラが「江戸を斬る」を歌うと、
ダーリンが船木つながりで「高校三年生」を歌う。
なんだ?この集団は……

30分経過しても同居人Mは起きない。
眼鏡をかけっぱなしで寝ているので「親切な」オイラが眼鏡を外してやる。

1時間ほど経過したころ、同居人Mが起きた、が目は開けていない。
身体が左右に揺れてるなぁと思っていたら、スックと立ち上がって部屋の外へ。
しかし、トイレとは反対の方向に歩きだしたのを見て、M絵ちゃんが、あわてて追いかけていった。
無事トイレから帰ってきたM。
「なんにも見えない」
というので、
「そりゃそうだ、眼鏡してないもの」
というと、テーブルの上の眼鏡をわざわざかけて、
ふたたびコートをかぶって沈没。

結局Mはなにも歌わないで沈没したまま。

そろそろお開きに……という雰囲気が漂ったので、
Mの十八番をひとつ入れて、
Mをむりやり起き上がらせる。
でも目は開いていない。
むりやりマイクを持たせておく。
イントロが流れてきたので、
「ほれ、お前の番だ!」
といって揺さぶると、なんと歌いだした。
曲前半は自動的にうたっていたようだが、
クライマックスはダーリンと大合唱となった。
本能で歌うMが、M絵ちゃんとKたんにオオウケであった。

さあ、帰ろうと店を出たのは午前4時。

まず、みんなで歩いてM絵・ダーリン家まで行き、
そこから歩いて、Kたんを送る。
Kたんは、ここからタクシーを拾って帰ってね、と
言っていたが、
ハイテンションのMをタクシーに乗せるのが怖い。

知ってる道だし、ふたりで歩きだした。
途中コンビニによって飲み物を買って、徒士組出発。
テンションが高くなっているMは、歩いている間、ずっとしゃべりっぱなし。
それも、同じ話しをグルグルと何回も話している。声も結構大きい。

結局、約55分歩いてアパートに到着したのは、5時半ごろ。
オイラが風呂を作って、Mをたたき込み。
6時過ぎに寝たMは、9時半に起きて仕事に言った。

Mは、二日酔いではなく、そのままの酔いが一日中残っていたらしい。
誘惑に負けました……
□ 2003/03/14(Fri) 06:18:25

セルシオにどつかれた某選手。
地元病院で本格的に診てもらったところ、どうやら外れてはいないらしい。
でも強烈に痛いそうなので、亜脱臼というやつだろうか。
なんにせよ、最初のみたてより軽くてよかった。


さて、オイラはというと、荻窪プロから工作仕事の追加について連絡があった。
打合せがしたいとのことなので、荻窪へ。
数日前に使い切ってしまった蜂蜜を欲しがっている同居人Mは、運のいいことに
午後からの仕事がない。
ので、運転手をさせる。

昼間の3時頃だというのに、珍しく箱崎がスムーズ。停滞なく新宿までついてしまう。
でも、青梅街道が渋ってる。裏道も渋ってる。しょうがないので、青梅街道をチンタラとすすんで、荻窪着は午後四時。打合せには間に合った。

オイラが、追加工作4点を請け負っている最中に、同居人Mは教会通りの蜂蜜屋で、蜂蜜を物色。お気に入りのみかんの蜂蜜は品切れで、入荷予定は6月ごろとのこと。
お気に入りがゲットできなかった同居人Mは、菩提樹やら、なんやら聞いたことない蜂蜜を3種類ゲットしていた。これ結構な散在なんですよ。

打合せが終わったオイラは、同居人Mと合流。ちょっと荻窪散歩。
駅前の肉屋のお惣菜コーナー(安くて旨い揚げ物で有名)を覗き、ラーメンの春木屋を覗いて車に乗り込んだ。
揚げ物も、ラーメンも食べるわけにはいかないのだ。ダイエット中だから。

でも、車を走らせて帰途につくと、やっぱりお腹は減っている。
せっかく東京にでてきたんだし……
とりあえず、ちょっと調べたいものがあったので新宿に行く。

新宿の伊勢丹やらハンズやらfranc francで家具を見る。
ふむふむ、こんな感じなのね。
と納得して、足は自然と伊勢丹会館へ。

ああ、ダイエット中なのに、足は勝手に4階の「グリル満天星」に向かっている。
エレベーターのドアが開くころには、すでに理性のカケラもない2匹の獣と化した我々は、無意識の内にイスに座り、オムレツライスとエビフライ オムレツライスとハンバーグを貪っていたのであった。

食べ終わって、満足してから反省。

でも、凄いもので、これらが腹に納まってからすでに9時間以上経過しているが
まだ腹は減っていない。

でも、体重は荻窪出発前比で+400グラムである。

今日は、一日中コンニャク料理だな……
びっくり
□ 2003/03/13(Thu) 04:33:34

月刊Tの原稿もアップし、確定申告の準備(まだ準備だけ)も済んだので、
適当なネタでも見つけて日記を書こうかな…と思っていたら、
びっくりするニュースが入ってきたのである。

この日記でおなじみのラジコン仲間「某選手」に災難がふりかかった。

彼は、この数カ月アクアラインで仕事をしている。

で昨日、その帰り道、職人さんのハイエースに、ふたりで乗り込み、彼が運転を担当した。
以下は、彼本人の書き込み。

「アクアラインのトンネル内部でセルシオにつっこまれました。右肩脱臼です。おやじのところのレース今月 無理かも。」

「車は職人のハイエース。運転手はおいら。現場の帰り道2人乗車中でした。相手の車がコントロールを失いながら追い抜いてきて目の前で壁にぶつかりこちらに飛んできました。にっちもさっちもいかず突っ込んだ!2台ともぐちゃぐちゃです。同乗者はムチウチです。あー死ぬかと思った。」

とのこと。
そりゃ死ぬかと思うわな。

このあと、本人と携帯メールで連絡を取ったところ、川崎の病院で応急措置、本日地元の病院で本格的に診てもらうとのこと。

仕事は根性で続けるが、車の運転ができないのでお抱え運転手を見つけなきゃ……
と言っている。

大丈夫かねぇ……
実は二日前、彼に会ったとき
「海に落ちるなよ」
と注意したところだったのだ。
海に落ちまいとして、トンネルの中だったのだろうか。

治療が順調に進むことを祈るばかりである。
どうにかしてくれ、トト(長文ですねゴメンナサイ)
□ 2003/03/09(Sun) 08:12:05

日記に書くようなネタではないのだが、以前から気になっていたことなので
どうしても書いておきたいことがある。

それは「トト」について。

オイラは、ギャンブルをする。競馬だ。
中央競馬のG1レースだけで、それもすべてのG1を必ずやるというわけではなく、気分が乗っているときだけであるが、やることはやる。
宝くじがギャンブルかどうか…は大きな問題だが、宝くじもたまには買う。
でも、トトはやらない。
どうしてもトトが気に入らないのである。

まず、トトの名称である「スポーツ振興くじ」(一般的には「サッカーくじ」)という名称が気に入らない。
「くじ」とはなんぞや……
辞書により解釈が異なるだろうが、「くじ」の当選決定行為は無作為でなければならないのが原則である。
ところが、トトは勝ち負け(新型の「トトゴール」は得点)を「予想」して投票するのである。
つまり、「トト」の内容は名称に反して、日本語として「くじ」ではない。
国会でサッカーくじの実施を検討しているときから、大いに疑問なのである。
(調べてみると、トトの正式名称は「スポーツ振興投票」ということになっている。これは競馬と同じでギャンブルであることを示していると思う。でも、発売している会社は「日本スポーツ振興くじ株式会社」となっている)


名称が「くじ」なのに、実体がギャンブル(愛称どおり、実体は「トトカルチョ」なのだ)なのは、百歩譲ってもいいだろう。

しかし、ギャンブルだと認めると、こんどはギャンブルとしての実施体制の甘さがとても気になるのである。

トトの販売員の教育はどうなっているのだろうか……
これは、オイラ自身がテレビで目撃したシーンである。
トトが開始された当初、ニュースステーションのサッカーコーナーでトトを強烈にアピールしていた。
レポーターの川平氏が実際にトト販売所に行って、トトの買い方等を実践して見せていたのである。
トトの投票カードに自分の予想を記入した川平氏は、そのカードを販売員に見せて、
「どうですか、僕の予想は?」的なことを尋ねたのである
販売員は
「いい予想だと思います」的な答えをした。

これは、競馬界では大問題なのだ。販売員による投票誘導だからだ。
特定の対象(競馬の場合は「馬」)に対する投票誘導になりうる発言は、競馬界では徹底的に排除されている。
昔競馬界で大事件が起きたことがある。
まだ馬券が手売りだったころ、ある販売窓口のおばさんが、穴ばっかりの馬券を買う客に対し、人気のある馬を外して買っていることを気にして
「○番(人気馬の枠番)は(買わなくて)いいんですか?」
と尋ねたのである。
この発言が投票誘導ということになり、おばさんは馘首になったのである。
トトの販売所で実際にどのような会話が日頃繰り広げられているのかは知らないが、
トトのTVCMでは、販売員と購入者が投票誘導と言えるような会話をするものもある。トトの運営母体自体が、投票誘導という概念を持っていないのではないだろうか。

ギャンブルの対象になっているサッカーチーム、サッカー選手のほうはどうだろうか。
八百長が行なわれる可能性があるとか、ないとかを指摘したいのではなく、サッカー選手の管理は、競馬騎手の管理に比べると大甘なのは明白だ。
中央競馬の騎手は、開催日前日から軟禁(というより拘禁に近い)状態である。
宿舎からの外出は無論、近親者との電話も許されない。もちろん部外者との接触なんて
御法度中の御法度である。
サッカー選手がそれだけの管理をされているとは思えないし、トトの運営母体もチームに対して、そこまでの徹底管理を求めているようには思えないのである。
試合前に、主力選手が暴漢(しかもその暴漢がトトを購入していたら?)に襲われたらどうするのか。

昨日のナビスコカップ、大分vs京都でトト的に問題になるプレーがあった。
試合中、非紳士的プレーで1点とってしまった大分が、その謝罪の意味で守備を放棄し、
京都に1点を献上したというのである。
試合結果は3対2で京都の勝ち。もし、謝罪の守備放棄がなかったら2対2、非紳士的プレーもなかったら、2対1で京都の勝ちとなる試合だったはず……だというのである。
新型の「トトゴール」は、得点を予想するので、非紳士的プレーや謝罪の守備放棄でトトの当落が変わってしまったわけだ。(ニッカンによれば、2対2の場合の1等当選金は約900万円、2対1だった場合は約300万円だそうだ。実際には3384万6360円だった)
このプレーが「トトゴール無視!!1点献上 守備放棄」の見出しで日刊スポーツの1面を飾っている。
似たようなプレーは99年のプレミアリーグでもあったことだし、サッカーでは珍しいことではない。トトゴールの件がなかったら、これは1面の記事ではないだろう。
オイラは、ギャンブル以上にスポーツが好きだ。こんな1面記事の新聞は読みたくないである。

トトの実体は、イギリス等で実施されている「ブックマーク」と同じもので、スポーツ運営団体とは無関係に、トト運営母体がJリーグの試合を勝手に利用しているというのが建前である。F1のFIAがブックマークと無関係なのと同じだ。
だったら、日本も「ブックマーク」という行為自体を開放するべきだ。
サッカーだけが、お墨付きを貰って、不完全な形でギャンブル化している気持ち悪さを、早く解消してもらいたい。
製品はいいが、料理は…
□ 2003/03/08(Sat) 01:01:26

迫り来る〆切と、空腹を抱えていると、日記書くのも忘れますな…


ワシントンホテルでの発表会・レセプションには、無事スーツを着て行けた。
しかし…
当初、着ようと思っていたお気に入りのスーツは、腹は入ったのだが、出発する寸前になって
背縫いがほつれていることを発見。
急遽、3ピースに着替えてアパートを飛び出すことになった。この日は寒かったから
3ピースとコートでちょうど良かったけどね。
ほつれは修理に出さねば。

で、発表会。
従来品の無骨なデザインから、スマートなデザインに筐体が変更になり好印象。従来品では本体組み込み済みだった無線LAN環境が、オプションになり、これも好印象。
そして、「ユビキタス・セキュリティ&ホスピタリティ」と銘打ったインターネット経由の監視カメラシステムや、血圧計など、とっても面白いものだった。
小さい会社だけど、がんばって欲しいものである。

発表会はよかったのだが、レセプションのほうはいけませんな。
ワシントンホテルのラウンジだと、あんなもんかいなぁ。
「冷製海鮮焼きそば」って……

まあ、ダイエット中なので、最初から食べるつもりはなかったから、ちょっと味見程度でお茶を濁してきました。


今日からF1が開幕。
新ルール採用は、吉とでるか凶とでるか…(両面出るだろうけどね)
腹が鳴る
□ 2003/03/04(Tue) 01:21:55

前回の日記で、以前の体重のことを書いたが、
実は、その数日前からダイエット的なことを始めていたのである。
三日坊主になる可能性が高いので、あえてここには書かなかったのだが…

先週は、慢性的に腹が減っていたのである。

明日というか、もう今日だな、4日は、秋葉原ワシントンホテルで発表会&レセプションに出席するのである。
某社(実名出しても、知っている人は少ない)が新型AV&ブロードバンドサーバーを発表するのである。
以前にも取材でお邪魔した会社なのだが、今回もタイミングよく、その手のネタを月刊Tで扱うので、Y編とともにお邪魔するのである。

で、先週、床屋に行ってきた。
で、問題はスーツなのだ。

以前にも書いたかもしれないけど、文筆業者は自分で「着る!」と決めないとスーツを着る機会が、ほとんどないである。
でも、たまにはスーツが着たいオイラは、「取材」と「初めて尋ねる出版社や編集部」にはスーツを着ていくことに決めているのである。

問題は、現在の腹がスーツに納まるのか……。
この取材は、数週前から決まっていたので、ダイエット的なことを開始したのである。

もともと、日常の食事はさほど高カロリーではない。
ので、今回は間食(お菓子)を完全排除したうえに、ナトリウムを制限することがテーマである。いちおう今は脂質も排除している。

ナトリウム、つまり塩分なのだが、これを制限しようとすると、なかなか大変である。
いろんな食材を調べると、けっこうナトリウムは多いのである。
間食はやめてしまったが、
ポテトチップス一袋より、ペヤングのほうが数倍もナトリウム量が多かったりするのだ。
減塩と言っている、フジッコの煮野菜のシリーズも、そこそこナトリウム量がある。こんにゃくゴボウとか、筍煮とか好きなのに…
コンビニのサラダも、付属ドレッシングがクセモノである。
これもかなりのナトリウム量だ。

けっきょく、納豆ばっかり食べている。納豆だと毎食食べても飽きないのである。
野菜は、素煎りかおひたしをそのまま食べるのである。

食事の味については、さほど困っていない。もともと、日常食は調味料つけないで食べるのが好きなので、味気なさは感じないのだ。

でも、腹持ちがよくないのだ。
すぐお腹が減ってしまう。
で、慢性的に腹が減っているのだ。

まあ、一週間が経過した現在、あんまり腹も減らなくなってきたのだが、腹はよく鳴る。昨夜は、同居人Mが布団に入ったあと、隣の部屋で仕事をしていたオイラの腹の音が聞こえたというし、その後、床についたオイラは食べ物の夢をみてヨダレを垂らしていた。

とりあえず、先月20日からの測定では2.4キロ減。腹回りにの変化は微小。ベルトの穴が一つ減ったぐらいである。

本当は運動量を増やさないといけないだけど……
これが一番難しいのである。
実現可能か?
□ 2003/02/26(Wed) 21:26:28

メーラーの整理をしていたら、見つけてしまった。

2000年7月3日付のそれは、
当時、体脂肪測定機能付の体重計を贈ってくれた知人へのお礼のメールである。

せっかく、贈ってもらったのだからと、
オイラと同居人Mの測定値が記されていたのである。

その体重を現在値と比較してみると…
オイラ 約9.0%増
同居人M 約9.3%増

であった……

はぁ〜
2000年7月時点でも、かなりブーだったわけだから、ここに戻せばいいというわけではない。

現在値から20%は減らさないと。
今夜は、久々に家に帰って寝ていることでしょう。
□ 2003/02/21(Fri) 05:26:36

午前10時、同居人Mがパン屋から帰ってくるのを待ち構えて、連れ出す。
ピカソで店頭用スタンド灰皿とコーヒーメーカーをゲット。
ダイソーで、コーヒーカップ、ホルダー付き紙コップ、プラスプーン、砂糖立て、お盆、ペーパーフィルター、クリーム、砂糖をゲット。
ドトールでマイルドブレンドをコーヒーメーカー用に挽いてもらう。

それを持って、キューブへ参上したのである。

頼んでおいたスタンド花は、ちゃんと来ていた。見栄えもよくて、匂いもよい。

店内は……どうにかオープンかな?という程度にセッティングができていた。
夜中の惨状を知っている我々は、田久さんの努力を認めざるおえない。

さっそく、灰皿をセットして、一服。
コーヒーメーカーをセットして、これも一服。

まだ午前中とはいえ、チョボチョボと常連さんが覗きにきている。よかった。

田久さんとダベっていると、M絵ちゃんからケータイに電話が。
お花の出来を報告すると、
「それは、お義父さんが作ったな」
とのこと。
そうですか。あれはお義父さんの作ですか。
ベテランの味ですな。

取り敢えず、新生キューブの立ち上がりを確認して、昼飯を買って帰途についたのであった。
プレオープンに変更
□ 2003/02/20(Thu) 03:29:53

今日は、月刊Tの打合せで湯島に。

打合せはスムーズに終わって、歩いてアキバに出て、
工作仕事の部品をゲット。
電車に乗って帰途についた。

でも、電車のなかで寄り道する場所を思いついた。

20日が田久さんの店、「ホビーランド・キューブ」の新装開店なのだ。
先週末に、M絵ちゃんの旦那の実家である花忠さんに、店頭用のスタンド花を頼んでおいた。19日の夕方お届けということなので、もう着いているかな?と思い店舗を覗いたのが午後6時半である。

しかし、花はなかった。
それどころか、店舗内部は、とても明日の朝10時にオープンできる状態ではない。
なにせ、ショーケースの組み立ては終わっていないし、棚類もまだ組上がってない。
ビル店舗から、移動した雑物の段ボール類が、雑然と置かれているだけである。

「こんちは」
と声をかけると、
段ボールの奥から、田久さん登場。
開口一番
「手伝ってくれ、何時までできる?」
である。

これを見捨てて逃げるのはあまりに忍びないので、手伝うことにする。
まず、大型ショーケースを、二人がかりで組み立てる。
平ケースも設置する。

そうこうしているうちに、田久さんの奥さん登場。
3人がかりで、作業をする。
棚を作って、余計なものを片づけて…

そもそも、この店舗は、1階店内に階段があり、2階も店舗としてつかえる作り。
とうぜん、2階も売り場として使うことになっている。
が、2階部分も20日に同時オープンすることは不可能と判断して、
「明日は1階だけオープンする。プレオープンだ。」
と、宣言した。

9時過ぎに仕事が終わった同居人Mから電話があった。
当然、
「ここに来い!」
と呼びつけて、手伝わせる。

終電がなくなるころ(もしかして、間に合わなかったかも?)に
田久さんの奥さんが帰宅。
朝、家にいないとお子達が起きられなくて、学校休むかもしれないのだ!

結局、1階のショーケース、棚が全部並んだのが、午前12時30分ごろ。
まだ、床には、段ボールが散乱しているが、あとは田久さん一人でもどうにかなるべ、と判断して、我々はお先にリタイヤしたのである。

朝8時までに、ゲーム売り場が完成すれば、プラモは2時間あればどうにかなる!
とは田久さんの弁。

さあ、ちゃんと10時にプレオープンできるのか。楽しみだ。
カップを買いに阿佐ヶ谷まで
□ 2003/02/19(Wed) 01:33:49

身辺がグルグルと動き回って、忙しい日々でした。日記つける暇がなかった。

今日は、同居人Mの誕生日。
同居人Mは休みを取っていたので、午後から都内へ車で繰り出した。

以前、把手をもいでしまったウェッジウッドのワイルドストロベリーマグを
誕生日祝いに買ってやることにして、阿佐ヶ谷の店に向かう。

首都高に乗ったはいいが、環状線の新宿手前が事故渋滞らしい。
なので、環状線を逆に回って新宿に向かう。
普段通らない道は、それなりに面白い。
普段よりは時間がかかるが、ヒドイ渋滞には巻き込まれずに新宿で降りて、
青梅街道を阿佐ヶ谷方面に向かうとおもったが、この青梅街道も込んでいそうなので、
方南町あたりまで裏道でいく。
これも普段通らない道で、けっこう面白い。(運転しているほうは面白くなさそうだが…)
けっこう遠回りだが、車が止まってしまうほどの渋滞はクラわずに、阿佐ヶ谷到着。
結局、同じ形のマグはなかったけど、細身のマグ?があったので、それを購入。
その店はケーキも売っているので、誕生日用ではない適当なケーキも買う。

阿佐ヶ谷のアーケード街をウロウロとする。
むむ、阿佐ヶ谷の野菜相場は、こっちよりも安い。
キノコを何種類も買って、今晩はキノコシチューを企む。

月刊Tが終わってから模型の仕事もポチポチと進めているので、
材料をゲットしに、吉祥寺のユザワヤを覗く。
うーん、津田沼のほうが充実している。
本日のアテにしていた部品は手に入ったので、よしとする。

吉祥寺の伊勢丹に寄る。
ここのウェッジウッドをみたら、定番柄であるワイルドストロベリーに、薄いピンクの花柄が追加された「ワイルドストロベリーパステル」なる柄のシリーズが存在することを知る。そのシリーズに和風の湯飲みがあって、興味を惹かれるが予算オーバーなので、無視して通過。
上の階でお茶を飲みながら、ピザ食べて帰途へ。

帰りは、ずっと下道。
市ヶ谷でハナマサへ寄って、足りないシチュー材料を仕入れて、アパート着は10時ごろであった。
夕飯食べはじめたのは11時。
カマンベールチーズを入れたホワイトシチューは、なかなかの出来であった。

なんか、ここから1年間ぐらいは、儲からないけど忙しい月日になりそうです。
Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]


表示件数:
(現在415件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club