プラモのことなら
日記のようなもの

BACK
□仕事のメモや、身近に起こったことなど、不定期かつ無秩序に記しておくページです。
□気になることがあってもツッコまないでください(^^;
□固有名詞はおおむね仮名です。
BY / oriental

Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]
ワイン合宿
□ 2003/09/18(Thu) 19:39:14

うー、疲れた。

3日連続出仕事の翌週は、当然のごとく、出仕事の結果を原稿書きに反映させなければならず、ずっとパソコンに向かった。2社、3本の仕事はけっこうヘビーだな。

で、連休も当然原稿書きだと思うだろうが、それはどうにか14日の夜8時前には終わらせて、Mと共にM絵ちゃん宅に出向く。

数カ月前から計画していて、ずっと日の目が見られなかった「ワイン合宿」の実行なのである。
結婚祝いに、大先輩ライターO氏夫妻はじめ、いろんなところからワインを頂いており、呑みきれるものじゃないなぁー、ということで、ワイン呑みが集まってテイスティング大会!ということになっていたのだ。

用意されたのは、ポメリー(オイラの甥っこから)、85年のスペイン産グラン・レゼルバ(Mの知人・ルリちゃん)、コッポラのスパークと赤(大先輩ライターO氏夫妻)、サドヤ(圧迫プレイの際に購入)。

スタート時点で、参加予定者が集まり切っていなかったので、とりあえず勝手しったるポメリーで初めます。
うむ、ポメリーだ。馴染みのレストランでも、「誕生日なんです」ということ、これが出てくる定番シャンパン。スタートには丁度いいね。

続いて、85年のグラン・レゼルバ。
これは、2年ほど前に貰ってあったものなのだが、開けるタイミングを逸しており、とりあえずウチのなかで最も冷暗所であろうと思える「下駄箱」のなかで2年ほど寝ていた代物。ダメになっちってる可能性ありなので、開けちまおうということになった。
で、オイラが開栓。
コルクを抜くと、おっ酒石はついてなさそう。(酒石は酒石酸とカリウムが結合が結合した結晶で、無味無害、コンデション不良の結果ではないそうだ。)
うーん、濃厚な香り。テイスティングでも終わっちゃった悪い酸味とかえぐみはなくて、おお、生きてるよ!。色は、茶色かった濃厚な赤だけど、透明度はある。粘りは少ない。匂いと味は濃厚でフルーツ感あり、でも引きが速い。かなり美味しい。
やっぱりビンテージなのかなぁ…。このワイン98年になんかのコンクールで銀賞を取ったものらしい。その旨の自慢シールが肩に貼ってある。スペイン産で安いものだそうだけど、時間を置くというのは大切なことなのだね。

このあたりで、参加者はひとりを除いて揃った。
次は、大先輩ライターO氏夫妻から頂いた、コッポラの赤。
これは、抜いた瞬間からわかる、スパイシーな匂い。ペッパーとか唐がらし系の香りだ。色は濃厚でテイスティングの量を注ぐと、透かしても向こうが見えないほど。
味も濃厚で、明らかに肉向き。けっこう引きが長くてちゃんと楽しめる。フルボディとしてバランスがいいワインだ。さすがナパバレーの当たり年。オイラたちにワインをくれる人は、こっちの好みをよく知っている(笑)。

さて、ソロソロ酒弱い組(オイラもそうだけど)は、呑めない量になってきているのだが、構わず開ける。呑めなくても味見はしたいのだ!
でサドヤ。
これは、同時に買ったものを、買った数日後に一回呑んでいるので正体は知れている。
日本人が丹精こめて作ったんだなぁ…と思う繊細な味。香りが良くて喉の通りが良い。酸味、渋み、甘味のバランスが良くて、美味しいワインなんだけど…。コーヒーで言えば、ブルーマウンテンのようなバランスなのですよ。お上品ですな。ガツッ!としたものはないのね。いや、間違いなく美味しいワインなんですよ。でも、3本目に飲むワインじゃないな。

で、このあたりで時間はテッペン。
最後まで連絡がつかなかった参加者が、メールを入れてきたので、M絵ちゃんが強制連行。なんでも、手前から飲み歩いており、駅前公園寝てしまっていたとのこと。腕に多数の虫刺され跡が…。蚊どもも、さぞや楽しいバンキング食べ放題だったのだろう。

締めは、コッポラのスパークリング。
ピンクのかわいいボトルを開けると、中は白。ほほう、やるなコッポラ。
きっと甘いんだろうなぁ…と予想していたのだが、これが以外に辛口。いいねぇ。フルーツ感もあるよ。でも甘くない。参加者からはポメリーより良いという評判。うんうん、同感。締めが甘かったらどうしよう…と思っていたのだが、これは当たり。ちょうどこのとき、貝と鯛で出汁を取ったクリームスープと、肉料理が蚊の餌と化した参加者により提供されたので、丁度よい感じ。

合宿は、この後、大ぶっちゃけ大会となり、まだ飲み足りない一部参加者は、M絵家提供のワインまで開けて、3時近くまで呑み更けたのでした。

解放感で買い物
□ 2003/09/06(Sat) 06:07:05

今週は、3日連続の出仕事だった。

まず3日は、AD広告の取材。雑誌の広告担当、先方の技術者、広告代理店に囲まれてキンチョー。
4日は、月刊Tの特集のための実験と撮影を、Y編集の自宅で行った。神奈川県下の個人宅に午前九時から押しかけて、午後九時まで実験君。気心知れた編集とはいえ、奥様やお子さまのいる家庭で、寝室からリビングまであっちゃこっちゃで無線機器のテストを散々行う。挙げ句、無線テレビを手に持って近所の徘徊まで…。
で、5日は月刊T編集部で打合せ。Y編とチームを組むS編との打合せだったのだが、打合せ最中に、別特集担当のA編とM編がエキサイトするところを目撃して、アタフタ。なかなか、いい大人があれだけエキサイトしたところを見るのは珍しい。

で、その帰りに、アキバをブラブラ。
4日の実験で、バーテックスリンクのMediawizを使ったのだが、予想通りにいい感じ。「の」のG君も買ったという注目の機械なのだ。
大人気で、先週末入荷分は、週末のウチにハケてしまったという情報もある。
実際、本当に売り切れてしまっているのかを確かめるつもりで、それらしい機器の棚の前で立ち止まって、目で探してしまう。
当然、オイラ御用達の自作系ショップには、在庫なし。
やっぱり売れてるんだなぁ…と思いながら、ザ・コンピュータ館に入る。
LAOXみたいなメジャー系ショップは、バーテックスリンク製品扱ってるのかなぁ…というのが最初の興味。どのコーナーだろうか…と考えながら周辺機器の階に昇る。
無線LAN関連のところにはない。テレビ、キャプチャー関連だろうかと思って近づいてみると、あっ!パッケージ発見。
空き箱かと思ったら、棚前にパンフまで貼って、推薦商品な感じ。しかも棚置き在庫が5台も。
むむ、なぜか自然に足は下りエスカレータに向かって、気がつくと東京三菱のキャッシュコーナーでATMの前に立っているオイラ。
結局、引き返して荷物を抱えて電車に乗っていたのであった。

帰ってきてから、ちゃっちゃとセッティングして、視聴。設定関連は4日に体験済みなので、取扱説明書も読まずに(といっても紙の取扱説明書は添付されておらず、CD-ROMからPDFを読むんだけど)、稼働状態になった。

で、ストックしてあったアニメのDivXファイルを鑑賞。
結局、茶の間で30分アニメを11本見てしまいました…

まあ、これで連発していた出仕事の緊張感もほぐれるというものだよな。

ちなみに、ベイスターズのXデーは、明日か明後日の模様。
間一髪
□ 2003/09/04(Thu) 02:38:18

とある雑誌のAD記事を書くことになり、
本日は渋谷の広告主のところに取材に出掛けた。
9月だというのに、殺人的な暑さ。
雑誌の広告営業部と、広告代理店も一緒ということで
スーツを用意していたのだが、暑さにメゲてサマージャケットにネクタイというイデタチで出発。
事前に乗り換えを検索してから出発したら、いままで使っていた経路より遥かに速い経路発見。
というか、知らなかったオイラがマヌなのか。そうか、地下鉄か…。

で、サマージャケットでありながら大汗をかいて取材は終了。

普通のお勤め人よりも、ちょっと早い電車で帰途につく。
地元に下りて、「まだ外は明るいだろうな…」と思ってサングラスをして地上にでたのだが、なんか真っ暗。
徒歩3分の道のりをアパートに向かっていると、お空に閃光が!
こりゃ、ひと雨くるな…。
猛暑のあとに雷と夕立って、夏満喫!って、遅いよ!

アパートについて、着替えていると、外はバケツをひっくり返したような雨と、閃光と轟く雷鳴。

おお、ハデだね。なんてテレビをついてなごんでいると、6時のニュースの最後のほうは、ワイプで渋谷や六本木や新宿の様子を写している。
そりゃもう悲惨な状態。
都内は落雷で5件の火災が発生しているというし、国会議事堂のテッペンはモゲるし…

ほんと、あと40分遅かったら、渋谷で雷雨に遭遇して帰れなくなるところだったし、あと10分遅くっても、駅からアパートまでの間でズプ濡れ、最悪は感電死しているところだった。

ほんと、運がよかった。
眼中にない…(どちらも)
□ 2003/08/29(Fri) 01:38:47

Mの口内抜糸の日
午後からの予約なので、のこのことついていく。
午前中に、「ラジ的工作力発揮自作パソコン」の掲載誌が届いたので、それを持って病院に。

Mと一緒に待合室に座り、掲載誌をじっくり読み始める。
そのまま読書に没頭。

30分ほどして、ボッケの携帯が振動した。
待合室からモクモク隔離部屋に逃げてメールをチェックすると、Mだ。
どこからメールしているのだ?治療台の上からメールできるのか?

メールの内容は
「どこにいるの?」

どこにいるの?とは何事だ、ずっと待合室にいるではないか。
「どこにいるのだ」とコッチも返信してやると
「外だ」というRe:が…

お前はどうやって外に出たのだ。診療室から外に出るには、待合室のオイラの前を通らないと出られないのだぞ。しかも受け付けの真ん前に、同じカッコでずっと座っていたのに。裏口から抜け出したのか?

すぐに外に出てMを問い詰めると
「タバコを吸っているもんだと思って、喫煙室ばっかり探していた」
とのこと。しかしだよ、その前に待合室は通るだろ。オイラの前を通りすぎたのか?
オイラのことなんか眼中になかったのだね。

そういうオイラも、夢中で雑誌読んでてMが前を通ったことに気づいてないわけだが…。


で、「ラジ的工作力発揮自作パソコン」の掲載誌が発売になったので、内容を出してもよかろうと勝手に判断して、仕事で作ったパソコンを紹介するコンテンツを作ってみました。まだ、この1台しか紹介してないけどね。トップページの「Works PC」のバナーからどうぞ。
 これ読んで、興味が湧いた人は、掲載誌を買ってちょうだい。オイラの作ったのより、数段ユニークな自作パソコンが見られます。それも一月に4台も。
 オイラは、いつも解説記事を書いているせいで、どうしても読者が読んだときに再現性がよくなる内容を書こうとする癖があるようです。このコーナーの場合、どうやって作ったか、なんかは二の次で、作ってるときにどんなことが起きたか、を面白く伝えることが重要なのですね。これからもこのコーナーをやることがあったら、かなり意識しないと面白い記事にならないなぁ…(プレッシャー)
恐怖のバンダ
□ 2003/08/27(Wed) 23:20:12

夜、実家に帰る道。
暗い脇道から車道を渡ろうと立ち止まる。
薄暗い足元を見ると…

ギャーーーー
世にも恐ろしい
パンダの開きが!


何故パンダを開く必要があるのか。

食用か?
塩蔵保存食だろうか…
働くラジコン発見
□ 2003/08/26(Tue) 03:07:59

夕方、月刊Tに打合せに行く。今回担当する特集には実験が伴うので、その打合せ。
まあ、そんなのはチョロと終わってしまった。
編集担当者二人も、個人的に興味のあるテーマなので、話が盛り上がる。実験もかなり趣味に走ったものになりそう。実験だけして記事に盛り込めない(文字数の少ないので)という事態も十分考えられるな。

夜はテレビ。
室伏が出る日なので、やっぱり世界陸上を見た。
(いやミポリンが見たかっただけかもしれないが…)

室伏の投擲は美しいなぁ…などと見惚れていると、ハンマーの着地地点に向かってなにか赤い物体がスルスルスルと這いずってくる。
次の選手の投擲も、ハンマー着地地点にだけ注目していると…

おお、赤い車体の6輪車ではないか。1/8スケールよりも大きい。
1/5スケールに近いスケールで、人が乗れるわけもなく、やっぱりラジコンのようだ。

これの存在に気づいてからは、もう投擲どころじゃなく、ハンマーが着地するたびに、コート外から走ってくる、特殊ラジコンに釘付け。
なんの用途に使うのか…
ハンマーの着地地点(測定地点)に駆け寄るのではなく、ハンマーそのものに向かって走っているようなので、どうやらハンマーを回収して選手の元に届ける役割をしているらしい。

フロント部にはアームが2本伸びていて(用途不明)、車体中央にはちょうどハンマーが乗りそうなバスケットがあり、車体後部にかけては荷台(目測で30センチ角)がついている。車輪のゴム部はハイトが低くてホイルは金属削り出しのような感じ。
6輪なので、どのようにステアしているのかは、画面からは読み取れなかった。
っていうか、映っている時間が短すぎる。
ハンマーを載せているところも映っていなし。

よくよく観察してみると、これ結構な速度が出ているのではないだろうか。芝生の上を快走しているように見える。ハンマー載せて走る(はず)のだから、積載重量にも余裕がありそうだ。
煙を吐いている感じはしないし、音も聞こえないから電動なんだろうなぁ。

どんなプロポで操縦しているのか…
TBSには、このラジコンを紹介するミニコーナーを作って欲しい。
血の池地獄、もしくは惨殺現場
□ 2003/08/23(Sat) 02:45:50

数週間前、Mが「歯が痛い」と言い出した。
過去にも何回があり、薬で治ったり、近所の歯科医に行ったりして対応していたのだ。
でも、今回はアゴのあたりがグリグリしている様子。
で、大学病院に行くことにした。
と言っても、アパートから徒歩20分圏内なのだ。

で、近所の歯科医さんよりも広範囲のレントゲンを取ったら、アゴのほうに膿がある…的なことを言われたようだ。ブリッジしていたところから、いかがわしいものが侵入したらしい。
ちょっと切って処置して、薬で対応。でも、やっぱり抜かないとダメかな。
ということになり、21日に抜くことになったのである。

前々日あたりから、煽り始めるオイラ。
「ほら、その歯が付いたまま○○ができる最後のチャンスだよ…」
を連発。
だんだんとナーバスになってくるM。

前日あたりになると、本人もかなりまいっているらしく
「昼寝しちゃって、予約時間に起きられなかったら、抜かなくてすむかな?」
などと言い出す始末。

結局、尻を叩いて病院に行かした。
オイラも、ちょっと遅れてから覗きにいくと、不安そうに待合室に座るM発見。
「おお、まだだったか…」と声をかけたかと思ったら、すぐ呼ばれて処置室に。
その間、おいらはモクモク隔離部屋とか、病院内のコーヒースタンドとか、自販機前とかで時間を潰すも、手持ち無沙汰。けっきょく総合ロビーのテレビ前にドカッと腰を据えて高校野球を真剣に観戦してしまった。

処置室に入ってから、1時間10分ほどたったころ、やっとMと再開。
止血の含み綿をしているとはいうものの、見事に腫れている。よくみるとアゴ裏に一筋の血痕もある。
結局、2本抜いたあと出血が止まらず、縫ったとのこと。口の中をみたら派手に糸が走っていた。
まだ麻酔が効いている(本人曰く、これほど強い麻酔は経験ない、というほど効いたらしい)のに、ジンジンと痛いらしい。
会計済まして、外の薬局で処方薬を貰う。そして薬局前で痛み止めを飲む。

帰り道に話を聞くと、抜いた歯を持って帰りますか?と聞かれたそうだが、
持って帰ると、日記のネタにされると思い、捨ててくださいと言ったそうだ。
裏切りモノである。

とぼとぼと帰ってきたら、痛み止めが効いたのか座いすで居眠りを始めた。
夕方からホテルの仕事に行くために目覚ましをかけていたのだが、目覚めると…
そこは一面血の海だった。
麻酔が効いてて、口許がルーズ。出血止まらず血垂れ流し。胸元が血だらけ。服まで血だらけ。口の中は濃縮されて血餅(ケッペイと読むそうです)となった赤いゼリーが山盛り。そんな(文字通り)人を食ったような顔をして、仕事に出ていくMなのであった。

で、縫ったのだから、当然抜糸もある。28日の予定。ガッツリ縫ってあるから、抜糸も痛いだろうなぁ…
親子で鎌倉
□ 2003/08/15(Fri) 16:26:16

本当に、さぼりまくりで申し訳ない…

我が心の礎「チームのうてんき」が設立20周年(散会18周年…)を迎えるにあたり、なにか記念の小冊子でも作ろうよ、という話が盛り上がっており、それをコミケで売るということなので、コンテンツ執筆に追われていました。
当時を振り返り、筆を取るにつけ稀代の無法者集団であったなぁ…と反省しつつ、いやいやそういうことが許される時代だったのだ!と責任転嫁していたわけです。

で、「の」メンバーがコンテンツ作りに追われているなか、13日の水曜日には、オイラの親父と、ウチら夫婦で鎌倉に散歩に行ってきました。
親父が鎌倉に用があったわけですが、鎌倉行くのは久しぶりとのことで、毎年鎌倉詣でをしているオイラたちが便乗して案内をするという口実です。

鶴ケ岡をお参りして、親父の用事を済ませ、目指すは春に行き損ねた精進料理。(また食べ物の話ですんません)
やってました。よかった。潰れたかと思っていた。
メニューはすっかり夏のもの。
夏もいいね。八寸から鮮やかな彩り。野菜の味が濃くて満足の出来。春の仇を取った気がしました。

出発が遅かったので、ご飯を食べてお茶すると、もう夕方。長谷寺はあきらめて、珍しく大仏見物に。子どものころみたはずですが、いまさら見るとやっぱりデカイ。(Mも十分デカイですが…)
時間が遅かったので、胎内には入れませんでしたが、窓がポッカリ開いた背中も見てきました。

ちょっとせわしない散歩でしたが、江ノ電にも乗れたし
天気も丁度よかったし、まあまあラッキーでしょう。

なんか文体が不自然なのは、「の」のコンテンツ書きの影響が残っているせいです…
かゆい…
□ 2003/08/07(Thu) 14:37:05

日記書くどころじゃなかったです。
自作パソコンの追い込みで。

で、自作パソコンは無事、月曜日に納品されていきました。
本誌が発売になるまで、全貌は公開できません。あしからず。

で、ラジ的技術で作ったパソコンなので、FRP部品満載となったわけですが
作業中に思わぬ事態に…

FRP(つまり「グラス」ですな)を切っていると、当然粉が出るわけですが
その粉は、やっぱり腕にかかります。こぼれた粉は足にもかかります。
で、その粉でかぶれちゃったんだよぉ(泣)

グラス切り人生、はや20余年のオイラですが、グラスでかぶれたのは初めて。
この3年ほどはグラス切りをさぼっていた罰でしょうか。

作業終了して3日ほど経つので、もうかなり引きましたが、
作業当時は、左手はこんなで、右手もこんなでした。

ポチポチ出て、かゆいよう。汗とかで濡れると、もっとかゆい…
オロナイン塗ってごまかしながらの作業となりました。

もうグラス切りたくない。
腕がパンパン
□ 2003/07/31(Thu) 23:53:28

うー、自作ラジコンに限りなく近い、自作パソコンを作ってます。
こんなにFRP切ったりするのは7年ぶりぐらいなので、腕がパンパンに張ってます。


横浜が勝ったり、広島が負けたり、引き分けたりしているせいで、逆マジック消えてます…
Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]


表示件数:
(現在415件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club